Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表

AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表

ビットコイン関連のデビットカードやアプリを運営するフォールド(Fold)が、ビットコイン・リワードが得られるAR(拡張現実)機能「Fold AR(ベータ版)」をリリースしたことが11月23日に分かった。

フォールドはポケモンGO開発のナイアンティック(Niantic)とパートナーシップを締結し、今回のリリースに至ったようだ。「Fold AR」はナイアンティックのプラットフォームが採用されている。

なお「Fold AR」提供の目的として、「ビットコインと楽しさを通じて人間の自由と幸福を促進するメタバースを構築すること」と発表されている。

 

「Fold AR」では、スマホカメラを通じて表示したAR画面に、10分ごとに新しいブロックが周りに出現し、そのブロックをタップするなどのアクションをすることで、一定条件でビットコインが取得できるゲームだ。

現在「Fold AR」はFoldのアプリ内で一部のユーザーが利用可能となっており、今後サイトで登録した希望者向けに段階的に公開されていくとのこと。

この機能は現在日本国内では利用できない。ただ今後このゲームは、利用できる地域を増やしていく予定とのことだ。

参考:Fold
images:iStocks/metamorworks・LongQuattro
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored