DEA社、漫画『ブラックジャックによろしく』NFT販売へ

DEA社、漫画『ブラックジャックによろしく』NFT販売へ

医療漫画『ブラックジャックによろしく』のNFTが販売されることが11月10日分かった。日本時間で本日13:00より販売が開始している。

シンガポール拠点のブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するデジタルエンターテイメントアセット(Digital Entertainment Asset Pre.Ltd.:DEA社)が、同作品とIP(知的財産)契約を結んでいるクリーク・アンド・リバー社(C&R社)と連携し、DEA社のNFTマーケットプレイス「PlayMining」にてこのNFTが販売されるとのこと。

このNFTは全6種・各種30枚の限定販売(全180枚)となっており、全6種コンプリート購入者向けの施策や、購入者特典企画の実施、またDEA社が運営するNFTカードバトルゲーム「JobTribes」での特殊効果の実装も予定しているとのことだ。

これらNFTの購入には、「PlayMining」の流通通貨であるディープコイン:DEAPcoin(DEP)が必要となる。

各NFTは1枚360,000DEAPcoin(約72万円)の即決販売と最低落札価格300,000DEAPcoin(約60万円)のブラインドオークション販売が行われている。

なおディープコインは日本居住者向けには販売されていない。現在はビットトレックス(Bittrex)やオーケーイーエックス(OKEx)などの取引所にて取り扱いのある暗号資産となっている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

ブロックチェーンエンターテイメント企業Digital Entertaiment Asset社の開発するPlayMiningの流通通貨が取引所OKExに上場

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した