マスターカード、アジア暗号資産取引所3社と提携し仮想通貨対応カード発行へ

マスターカード、アジア暗号資産取引所3社と提携し仮想通貨対応カード発行へ

マスターカード(Mastercard)が、アジア太平洋地域の大手暗号資産サービスプロバイダー3社と提携し、暗号資産連動型カードを発行する予定であることが11月8日に分かった。

また3社はマスターカードが先月発表したCaaS(Crypto as a service)の「Crypto Card Program」に参加した。「Crypto Card Program」はマスターカードとバックト(Bakkt)が提供するサービスで、銀行や加盟企業向けに暗号資産関連サービスを導入できるソリューションだ。

大手暗号資産サービスプロバイダー3社は、香港のアンバーグループ(Amber Group)、タイのビットカブ(Bitkub)そしてオーストラリアのコインジャー(CoinJar)だ。いずれの企業も国内市場で暗号資産の購入・交換サービスを提供している。

これによってアジア太平洋地域の消費者や企業は、初めて暗号連動型のマスターカードのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを申し込むことができるようになり、暗号資産を法定通貨に即座に変換して世界中のマスターカードが提携する場所で使用することができるようになるという。

マスターカードはアジア太平洋地域において現在、暗号資産への関心がかつてないほど高まっていると発表している。

同社リサーチによれば、アジア太平洋地域の調査対象者の45%が、今後1年間に暗号資産の使用を検討する可能性があると答えているという。

この結果は、昨年1年間に暗号資産をすでに使用したと回答した12%を大きく上回り、世界平均の40%よりも高くなっているとのことだ。

マスターカードのアジア太平洋地域のエグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めるラマ・スリダール(Rama Sridhar)氏は発表にて次のようにコメントしている。

「暗号資産は投資、ディスラプティブな技術、ユニークな金融ツールなど、人によってさまざまな関心事項があります。各方面からの関心と注目が高まる中、投機的なものを超えた現実世界での応用が始まっています。

マスターカードはあらゆるデジタル通貨は安定性、規制遵守、消費者保護を提供しなければならない、というマスターカードと同じ基本原則を遵守するパートナーとのコラボレーションにより、暗号資産で可能なことを拡大し、人々に支払い方法の選択肢と柔軟性を提供します」

アンバーグループの創業者兼CEOのマイケル・ウー(Michael Wu)氏は発表で次のようにコメントしている。

「アンバーグループは、クラス最高の技術と革新的なプロダクトで顧客に貢献することをお約束します。マスターカードと提携することで、両社の技術、ソリューション、専門知識を活用し、該当する管轄区域のユーザーにより合理的なデジタルファイナンス体験を提供していきます」

ビットカブの創業者でグループCEOのジラユート・スルプスリスパ(Jirayut Srupsrisopa)氏は次のようにコメントしている。

「タイはアジア太平洋地域で最も暗号資産が発展している市場の一つであり、暗号資産を日常的に使えるものに変えることは、ビットカブと当社の顧客にとって大きな前進です。

これを実現するために、大切な決済パートナーである2C2Pを介してマスターカードと提携し、暗号資産のユーザーが暗号資産を従来の法定通貨に変換して決済できるような洗練されたカードソリューションを構築できることを大変嬉しく思います。

当社の強力なパートナーシップにより、消費者が商取引の手段として暗号資産を利用することが加速され、決済がより効率的になり、世界中の企業の新たな経済活動を促進することができると信じています」

参考:マスターカード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jbk_photography・artacet・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored