ENJのエンジン、メタバースファンドを1億ドル規模で設立

エンジン、メタバースファンドを1億ドル規模で設立

NFTゲームプラットフォーム開発のエンジン(Enjin)が約110億円(1億ドル)規模のメタバース関連ファンドを設立することが11月4日にわかった。

「Efinity Metaverse Fund(エフィニティ・メタバースファンド)」と名付けられたこのファンドは、エンジンのエコシステムにおけるゲームおよびNFTの開発者を支援するために活用されると発表されている。

具体的には、エンジンエコシステムの統合、メタバースプロジェクト、ゲーム開発、NFTのDAppsとプロジェクト、分散型インフラの構築および先進的なプロジェクト支援などに資金が活用されていくとのことだ。

資金はシードやシリーズAの資金調達ラウンドにおける株式投資や、新規プロジェクトのネイティブトークンの購入などに利用すると発表では説明されている。

ちなみにメタバースプロジェクトでは、エフィニティ(Efinity)とポルカドット(Polkadot)で共同のNFTプロジェクトを構築し、複数のプロジェクトやチェーンで使用可能なアセットを提供する予定とのことだ。

日本でのエンジンの取り組みとしては、エイベックス・テクノロジーズと、ブロックチェーン事業に関するパートナーシップ契約を締結したことを5月12日発表していた。

これによりエイベックス・テクノロジーズのNFT事業基盤「A trust」と「Enjin Platform」が連携した。

その発表ではエイベックス・テクノロジーズ及びパートナー企業が管理するIPを「Enjin Marketplace」で展開することを目指し、CGキャラクターや楽曲をEnjinが提携するゲームで利用可能にすることも検討していくとしていた。

またエンジンのネイティブトークン「Enjin Coin(ENJ)」は、国内ではコインチェックとGMOコインで取り扱われている。

参考:Enjin
デザイン:一本寿和
images:ClusterX・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している