P&Gとウォルグリーン、クーポン不正利用対策のためブロックチェーンソリューション採用へ

P&Gとウォルグリーン、クーポン不正利用対策のためブロックチェーンソリューション採用へ

大手一般消費財メーカーP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)と薬局チェーンのウォルグリーン(Walgreens)が、ブロックチェーン企業シグマレッジャー(SigmaLedger)開発のクーポン不正対策ソリューション「CuBE(Coupon Business Exchange)」を採用したことが11月3日に分かった。

シグマレッジャーはブロックチェーン関連ソリューションなどをSaaSとして提供する企業だ。

発表によると、クーポンの不正利用により小売業界では毎年1億ドル以上の損失が発生しているとのことだ。

「CuBE」はクーポンの不正使用を排除し、クーポンの処理を高速化し、全体的な処理コストを削減するソリューションとのこと。

また「CuBE」はPOS(Point of Sales)での不正行為を最初に発生した時点でリアルタイムに利用を拒否できる仕様になっているとのことだ。

そして現在、米国で10,000以上の店舗に「CuBE」が導入されており、導入直後から約90%の不正を削減しているという。

シグマレッジャーのCEOであるオレクサンドル・リブキンド(Oleksandr Rivkind)氏は次のようにコメントしている。

「メーカー、小売業者、従業員、顧客に悪影響を与える業界全体の問題に対処するため、この革新的なソリューションを市場に提供できることを誇りに思います。不正防止への取り組みを支援してくださったCuBEのアーリーアダプターの皆様に感謝しています」

P&Gのバリューデリバリーおよびクーポニング部門のブランドディレクターであるマイク・ロイソン(Mike Loyson)氏は次のようにコメントしている。

「CuBEは不正行為の排除という金銭的なメリットだけでなく、数週間でメーカーや小売店全体に拡張できるプラットフォームを介して、ショッパーのチェックアウトを迅速かつ円滑にし、イノベーションの道筋を提供しています」

参考:SigmaLedger
images:Alexey-Brin・dalebor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。