【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表

暗号屋、NFT関連のデジタルメディアプロトコル「VWBL」発表

ブロックチェーン関連プロダクトの開発を行う暗号屋が、NFT所有者のみ視聴・閲覧が出来るデジタルメディアプロトコル「VWBL(ビュアブル)」を27日発表した。

一般的なNFTアートは、誰でも見られるデジタルコンテンツに紐づいたNFTが取引されているものが多い。しかしVWBLはプレビュー等を公開し、実データを暗号化してNFT所有者のみが復元できる仕組みを提供するとのことだ。

VWBL 公式サイトより

この仕組みはNFTとそれに紐付くコンテンツを、CD/DVDのような記憶メディア(媒体)のように、それ単体で完結して閲覧ができるため、シンプルに流通が可能とのこと。

また画像データだけではなく、音楽、動画、書籍のPDFファイルなど、あらゆるデジタルコンテンツで利用可能とのことだ。

さらにVWBLは完全な分散型であり、プラットフォーム依存せず流通が可能とのこと。オープンソースのビューワーモジュールを組み込めば、どのプラットフォームでも活用できるようになるという。

暗号屋は「従来のNFTアートは誰でも見られるためNFTだけを所有しているという感覚ですが、VWBLはNFTを所有しないと見られないため、デジタルコンテンツごと所有しているという感覚を得ることができます」と説明している。

「VWBL」開発、暗号屋代表 紫竹佑騎氏に取材

あたらしい経済編集部はVWBLを発表した暗号屋代表の紫竹佑騎氏を取材した。

暗号屋代表 紫竹佑騎氏

−−アーティストがVWBLを使おうと思った場合、具体的にどういう流れになりますか?

まずVWBLでコントラクトを用意してますので、OpenSeaやRaribleのような独自コントラクトでミント(鋳造/発行)ができるマーケットプレイスで、VWBLコントラクトでNFTを発行いただきます。

そしてNFT所有者だけが見られるコンテンツは、オープンソースのビューワーモジュールを、ユーザーの任意のサイトなどに組み込んでいただくことで、所有者限定で公開することが可能です。

またいろいろなマーケットプレイスとも話を進めたいと思っていまして、VWBLに対応いただけるプラットフォームでは、その中で完結して発行することもできるようにしていきたいと思っています。

−−VWBLが対応するブロックチェーンは?

まずはイーサリアムを検討しています。その後、利用者の多いL2/サイドチェーンなども視野に入れています。またはパートナーシップを望んで頂けるネットワークにも対応したいと思っています。

−−VWBLでは技術的にどのようにコンテンツをNFT所持者だけに閲覧させるのですか?

具体的にはデータはIPFSなどに暗号化し、NFT持ってる人が分散された鍵管理ネットワークの「VWBL Network」から復号鍵を返して貰うことで閲覧できる仕組みです。

「VWBL Network」は、Chainlinkのような分散型オラクルを参考にした仕組みと、DFinityで使われてる鍵分散管理の仕組みを組み合わせて実現します。

−−具体的にこのプロトコルはどんなユーザーに使って欲しいですか?

NFTアートは現代アートのあたらしいジャンルとして始まり、データ自体が公開されている事について問題にしていないのだと我々は理解しています。

VWBLプロトコルはそれでもNFTをアートとして買ってくれた人に何かプラスの特別な体験を得て貰いたい方や、収益化目的で音楽や動画、書籍データ、ソフトウェアを流通させたい方に一つの選択肢として利用して頂きたいです。

−−実際の提供開始予定や利用価格などは?

VWBLを活用したマーケットのサンプル実装として「VWBL Market」を年内にリリース予定です。しかしそれはあくまでサンプルであり、VWBL自体はプロトコル導入可能になった時点で、多くの事業者・個人の方に使って頂きたいと思っています。プロトコル自体は年内には利用可能にする予定です。

価格に関してですが、VWBLのコントラクトをミント時に選んで頂く際、極少量の手数料をいただこうと思っている程度です。

またEIP2981などに対応するため、ロイヤリティの設定も可能です。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」は代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。 なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

 

取材/編集:設楽悠介(あたらしい経済)
写真:大津賀新也

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

「あたらしい経済」編集部は、国内のSymbol & NEMコミュニティの有識者のトレスト氏(@TrendStream)に取材。今回成功した「キプロス」ハードフォークと、今後の「ハーロック」、そしてこれらのハードフォークが成功することの意義について、語っていただいた。

「NFTにもっと流動性を」ユニマがNFT買取サービスをはじめる理由(モバイルファクトリー COO 深井未来生)

「あたらしい経済」はモバイルファクトリー 取締役COO・ビットファクトリー 代表取締役の深井未来生氏を取材。同社が買取サービスを開始した理由、マーケットプレイスの今後のアップデート、そしてどのようにこれから日本のNFT市場を盛り上げていきたいかなどについて訊いた。

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。