「デジタル資産は無視できない規模に」バンク・オブ・アメリカが暗号資産関連レポート公開

バンク・オブ・アメリカが暗号資産関連レポート公開

米大手銀行のバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)が、暗号資産やデジタル資産に関するリサーチレポートを10月4日に公開した。

同行の暗号資産等のリサーチ部門設立はかねてから報じられていたが、今回レポートの発表と合わせてリサーチ部門の稼働も公式に明らかになった。

「Digital Assets Primer: Only the first inning」と題されたレポートの冒頭では、ビットコインだけではない他のアセットもあるデジタル資産分野は無視できないほどの巨大な規模だとし、「2兆ドル以上の市場規模と2億人以上のユーザーを持つデジタル資産の世界は、まったく新しい資産クラスを形成する可能性がある」としている。

そしてこのレポートではDeFiやNFTなどのブロックチェーンを活用した新しいアプリケーションの導入が進み、市場の成長を促進していることや、中央銀行デジタル通貨(CBDC)及びトークンエコノミクス設計、またリスクとしての規制の影響などが説明されている。

またリサーチ部門を主導し、このレポートを作成したアルケッシュ・シャー(Alkesh Shah)氏はレポートの公開に際して次のようにコメントしている。

「ビットコインは重要ですが、デジタルアセットのエコシステムはそれだけではありません。私たちのリサーチは、金融、テクノロジー、サプライチェーン、ソーシャルメディア、ゲームなど、さまざまな業界への影響を探ることを目的としています」

そしてバンク・オブ・アメリカのキャンディス・ブラウニング(Candace Browning)氏は次のようにコメントしている。

「デジタル資産は、市場、企業、中央銀行の運営方法を変革しています。バンク・オブ・アメリカは市場をリードするグローバル・ペイメント・プラットフォームとブロックチェーンの専門知識を提供しており、デジタル資産のリサーチが加わることで、投資家への提供物の深さと幅がさらに強化されます」

バンク・オブ・アメリカのこれまでの動向

バンク・オブ・アメリカは今年に入り、暗号資産領域へ本格的に参入している。5月に暗号資産取引インフラやカストディサービス提供のパクソス(Paxos)の株式取引関するブロックチェーンネットワークに参加した。

そして7月にバンク・オブ・アメリカはパクソスへの投資を行なった。なおパクソスは米ドルステーブルコインの「USDP」の発行も行なっている。

参考:バンク・オブ・アメリカ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も