「Dropbox」でデジタルコンテンツ販売可能に、クリエイターエコノミー活性化に寄与

デジタルコンテンツが販売可能になる「Dropbox Shop」提供へ

オンラインストレージサービスDropbox(ドロップボックス)が、Dropboxに保存したデジタルコンテンツを直接販売する機能「Dropbox Shop」を提供することが9月29日分かった。

「Dropbox Shop」ではアート作品やプラグイン、楽曲などのデジタルコンテンツをDropboxやPCから直接コンテンツを追加し、カスタム画像や音声、動画プレビューを設定し価格設定することで、商品リストが作成できるという。

商品リストはユーザーの顧客に直接渡すこともSNSで共有することも可能であるとのこと。

販売したコンテンツは決済時に自動配信がされ、追加でコンテンツのダウンロードが行われる際には、メールアドレスの確認を求めることで、コンテンツの安全性を保証するという。

さらにコンテンツの売上集計や閲覧数、収益分析もサポートされているとのことだ。

「Dropbox Shop」は近日中にベータ版の提供が開始となり、現在はウェイティングリストが公開されている。なおベータ版は英語対応のみとなるとのこだ。

現在NFTのブームなどもあり、デジタルコンテンツの販売や、そこから生まれるクリエイターエコノミーに注目が集まっている。

「Dropbox Shop」は今回の発表を見る限りNFTを活用したものではない。ただ現状多くの一般ユーザーを抱えているサービスだけに、パブリックなブロックチェーンを活用していないNFTマーケットプレイスにとっては、デジタルコンテンツを簡易に販売できるという点で競合になるかもしれない。

参考:Dropbox
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ilya-Lukichev

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。