「Dropbox」でデジタルコンテンツ販売可能に、クリエイターエコノミー活性化に寄与

デジタルコンテンツが販売可能になる「Dropbox Shop」提供へ

オンラインストレージサービスDropbox(ドロップボックス)が、Dropboxに保存したデジタルコンテンツを直接販売する機能「Dropbox Shop」を提供することが9月29日分かった。

「Dropbox Shop」ではアート作品やプラグイン、楽曲などのデジタルコンテンツをDropboxやPCから直接コンテンツを追加し、カスタム画像や音声、動画プレビューを設定し価格設定することで、商品リストが作成できるという。

商品リストはユーザーの顧客に直接渡すこともSNSで共有することも可能であるとのこと。

販売したコンテンツは決済時に自動配信がされ、追加でコンテンツのダウンロードが行われる際には、メールアドレスの確認を求めることで、コンテンツの安全性を保証するという。

さらにコンテンツの売上集計や閲覧数、収益分析もサポートされているとのことだ。

「Dropbox Shop」は近日中にベータ版の提供が開始となり、現在はウェイティングリストが公開されている。なおベータ版は英語対応のみとなるとのこだ。

現在NFTのブームなどもあり、デジタルコンテンツの販売や、そこから生まれるクリエイターエコノミーに注目が集まっている。

「Dropbox Shop」は今回の発表を見る限りNFTを活用したものではない。ただ現状多くの一般ユーザーを抱えているサービスだけに、パブリックなブロックチェーンを活用していないNFTマーケットプレイスにとっては、デジタルコンテンツを簡易に販売できるという点で競合になるかもしれない。

参考:Dropbox
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ilya-Lukichev

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている