韓国取引所Upbitが規制当局に運営免許申請、国内初事例に

韓国取引所Upbitが規制当局に運営免許申請、国内初事例に

韓国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所であるアップビット(Upbit)が、韓国の金融規制当局である韓国金融委員会(FSC)下の金融情報分析院(FIU)に対して、暗号資産サービス事業者としての申請を行ったことを韓国経済が8月21日に報じた。

韓国では暗号資産取引所を規制する法律が施行されており、今年9月24日までに申請が承認されていない取引所は、サービスの全面停止を余儀なくされる。

韓国経済によるとアップビットによる申請は取引所を規制する法律の施行後の第一号となるとのこと。この申請は法令に従って90日以内に審査が行われるとのことだ。

なお申請には「韓国インターネット振興院による情報保護管理システムの認証の取得」と「利用者の実名口座が確認できる銀行との提携」という2つの要件が必須であり、アップビットは韓国のKバンクと提携することで要件を満たしたとのこと。

またビッサム(Bithum)やコインワン(Coinone)などの他の韓国大手取引所が今後どのように動くかは定かではないが、それ以外の小規模な取引所は銀行との提携ができず、廃業の危機にさらされているとのことだ。

参考:韓国経済
デザイン:一本寿和
images:iStocks/berya113

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した