ナチュラルコスメLUSH、NFTアートを含んだ限定商品発表

LUSH、NFTを含んだ限定商品発表

英国発のナチュラルコスメブランドLUSH(ラッシュ)が、NFTアートを含んだ商品「ユニコーンプープ ボックス」の発売を8月20日発表した。

ブランド初となるNFTを含んだLush Labs アプリ限定商品『ユニコーンプープ ボックス』発売

この商品はLUSHの実験的なプロジェクトを実施していくアプリ「Lush Labs App(ラッシュラボアプリ)」で販売される第1弾のアプリ限定商品で、8月末から販売されるとのこと。

ちなみにこの商品のコンセプトは「ユニコーンプープ(ユニコーンのうんち)」で、商品開発者であるジャック・コンスタンティンが、原宿の色鮮やかで自由な発想を楽しむカルチャーにインスピレーションを受け、バスボム・バブルバー・ソープなどを開発したとのことだ。

この「ユニコーンプープ ボックス」は虹色のバスボムやバブルバーなどの四種類の商品に加え、NFTアートを入手できるカードが同封されるとのこと。QRコードが印字されたそのカードをスキャンすることで、「ユニコーンプープ ボム」がデジタルアートとして楽しめる仕掛けが入っているとのことだ。

また今回の商品の世界観をリアルに没入体験できる期間限定ポップアップスペースをLUSH 原宿店にて8月20日にオープンした。なお入場できるのは「Lush Labs App」を使い、ミニゲームにクリアして解除コードを入手したユーザーのみとなる。 さらに今回のプロジェクトは、今後も3ヶ月ごとにテーマを変えリアルとデジタルの連動体験を継続展開していく予定とのことだ。

参考:LUSH
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kirstypargeter・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている