暗号資産領域特化のリサーチ企業Messari、シリーズAで約23億円調達

暗号資産領域特化のリサーチ企業Messari、シリーズAで約23億円調達

暗号資産(仮想通貨)領域特化のリサーチ企業メサーリ(Messari)が、シリーズAラウンドで約23億円(2,100万ドル)の資金調達を完了したことを8月5日に発表した。

この調達ラウンドをリードしたのはPoint72 Venturesで、その他にはCoinbase Ventures、Alameda Capital、Blockchain Ventures、Galaxy Digital、Gemini Frontier Fund、Kraken Ventures、Anchorageの創業者兼CEOのDiogo Monica氏、CMS Holdings、Nascent、Underscore VCらがこのラウンドに参加した。なおこのラウンドにてPoint72 Venturesのフィンテックチームのアダム・カーソン(Adam Carson)氏がメサーリの取締役に就任した。

この資金調達によって、メサーリは世界中のユーザーのために暗号資産関連のデータを整理し、コンテキストに沿った形で提供するプロダクトをさらに強化し、より多くの人が暗号資産領域へ興味を持ち参加するように促していきたいとのことだ。

具体的な調達資金の用途として、メサーリ創業者兼CEOのライアン・セルキス(Ryan Selkis)氏は「コアプラットフォームへの再投資、新しいデータセットと分析ツールの追加、2022年までにチームを30人から75人に拡大する、1,000人以上のアナリストを抱えるハブの構築する」とツイートで明らかにしている。

なおメサーリは9月20日から22日に主催するイベント「Mainnet 2021」で、長期的なビジョンについてさらに多くのことを伝える予定とのことだ。

関連記事:MessariMainnet 2021
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ClusterX・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行