米NCR、ビットコインATM展開のLibertyXを買収

米NCR、ビットコインATM展開のLibertyXを買収

米国の大手総合情報システム企業NCRが、ATMや売店で利用可能な暗号資産ソフトウェアの開発を行うリバティーエックス(LibertyX)を買収する正式契約を締結したことを8月2日に発表した。なおこの買収における金銭的な条件は明らかになっていない。

NCRは1884年に設立された金融、小売、サービス業界において、ソフトウェアおよびサービスを提供する企業で、POSシステム、現金自動預け払い機、小切手処理システム、バーコードリーダー、オフィスの消耗品、などを販売していている大手だ。

リバティーエックスは2013年に設立された企業で、ビットコインの自動販売機やATMなどのソフトウエア開発を行っている。現在、同社のシステムは米国の20,000以上の小売店と9,500以上のATMに導入されているとのこと。

NCRは今後、銀行や小売業者やレストランなどに向けたソリューションに、リバティーエックスの暗号資産処理機能を組み込む予定とのことだ。

NCRのCTOであるティム・ヴァンダーハム(Tim Vanderham)氏は今回の買収の目的について以下のように述べている。

顧客は、暗号資産の売買、国境を越えた送金、デジタルおよび物理チャネル全体での暗号資産支払いの受け入れなど、完全なデジタル通貨ソリューションを必要としています。リバティーエックスのソリューションは、これらの機能を市場に迅速に提供する能力を与えます。

リバティーエックスのCEO兼共同創業者であるクリス・イム(Chris Yim)氏は以下のようにコメントしている。

私たちは、NCRの顧客に、消費者が望むデジタル決済と暗号資産機能を迅速かつ簡単に実現する機能を提供すると同時に、ソフトウェアの規模を大幅に拡大することを楽しみにしています。

参考:NCR
デザイン:一本寿和
images:iStocks/YayaErnst・hatchetman

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定