Karura(KAR)がクラーケンに上場

Karura(KAR)がクラーケンに上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産カルラ:Karura(KAR)の上場を7月20日発表した。

カルラは、Polkadot(ポルカドット)の実験用ネットワークであるKusama(クサマ)ネットワークのためのDeFi(分散型金融)ハブとステーブルコインプラットフォームだ。現在順次行われているKusamaのオークションでは最初に落札し、Kusamaのパラチェーンへの接続枠を獲得している。

カルラの取引開始は7月20日の15:30(協定世界時)からの予定だ。なお入出金はすでに可能となっている。

取引はUSD、EURにて行え、KrakenおよびKraken Proにて取引が可能となる。取引の最低額は5KARとのこと。

なお米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者はこの取引を利用できない。

関連ニュース

DeFiネットワークのカルラ(Karura)、クサマのパラチェーン接続枠を獲得 

参考:Kraken
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス