デジタル人民元のホワイトペーパー公開、スマートコントラクトが基盤に

デジタル人民元のホワイトペーパー公開、スマートコントラクトが基盤に

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)が、デジタル人民元の概要書(ホワイトペーパー)を初めて7月16日に公開した。デジタル人民元は中国が発行予定の中央銀行デジタル通貨(CBDC)だ。

ホワイトペーパーによれば、デジタル人民元発行プロジェクトは「e-CNY」と呼称されている。またデジタル人民元はスマートコントラクトをベースにプログラム設計されているようだ。ただし具体的なロードマップや公式発表のスケジュールはまだ決まっていない。

そしてデジタル人民元発行に向け中国が本格的に動き出した背景には、暗号資産(仮想通貨)の台頭と既存の金融システムにもたらすリスクや課題が浮かび上がったからとのことだ。

暗号資産に関してホワイトペーパーでは「ビットコインに代表される暗号資産は、ブロックチェーンと暗号化技術を採用しており、非中央集権的で完全な匿名性を持つとされています。しかし本質的な価値がなく、価格変動が激しく、取引効率が悪く、エネルギー消費量も大きいため、日常的な経済活動で使われる通貨としての役割を果たすことはできません。さらに、暗号資産はほとんどが投機的な商品であるため、金融の安全性や社会の安定性に対する潜在的なリスクがあります」と説明されている。

また民間企業が発行するステーブルコインのリスクについて「一部の民間企業は、グローバル・ステーブルコインの発行を計画していますが、これは国際通貨システム、決済システム、金融政策、クロスボーダーの資本フロー管理などにリスクと課題をもたらすでしょう」と説明されている。

なおこれまでにデジタル人民元はリテール向けウォレット2,000万、エンタープライズ向けウォレット7,000万件を通して、総額約5,800億円(53億ドル)の取引が行われたとのことだ。

参考:WP
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Olga_Z

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored