ダブルジャンプがアニメ制作ゴンゾをNFT支援、新たなIP創出も

ダブルジャンプがアニメ制作ゴンゾをNFT支援、新たなIP創出も

NFT企業doublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社がアニメ制作会社の株式会社ゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」を支援することを7月16日に発表した。doublejump.tokyoはNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じてサポートを行う。

両社は参加クリエイターによるサムライキャラクターのデザインアートをNFTとして販売していく予定だ。第一弾のNFTリリースは2021年秋とのこと。

「SAMURAI cryptos」はゴンゾ代表の石川真一郎氏がプロデューサーをつとめ「ブロックチェーン・NFT時代に日本発のサムライとして狼煙をあげる」として、NFT時代の新たなアニメIP創出へのチャレンジも表明している。なお両社連携の第1弾として、小林誠氏(「ラストエグザイル」「機動戦士ガンダムZZ」他)、千葉道徳氏(「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」「SK∞ エスケーエイト」他)、飯島弘也氏(「アフロサムライ」「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」他)3名のクリエイター参加を発表されている。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored