ダブルジャンプがアニメ制作ゴンゾをNFT支援、新たなIP創出も

ダブルジャンプがアニメ制作ゴンゾをNFT支援、新たなIP創出も

NFT企業doublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社がアニメ制作会社の株式会社ゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」を支援することを7月16日に発表した。doublejump.tokyoはNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じてサポートを行う。

両社は参加クリエイターによるサムライキャラクターのデザインアートをNFTとして販売していく予定だ。第一弾のNFTリリースは2021年秋とのこと。

「SAMURAI cryptos」はゴンゾ代表の石川真一郎氏がプロデューサーをつとめ「ブロックチェーン・NFT時代に日本発のサムライとして狼煙をあげる」として、NFT時代の新たなアニメIP創出へのチャレンジも表明している。なお両社連携の第1弾として、小林誠氏(「ラストエグザイル」「機動戦士ガンダムZZ」他)、千葉道徳氏(「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」「SK∞ エスケーエイト」他)、飯島弘也氏(「アフロサムライ」「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」他)3名のクリエイター参加を発表されている。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ