インスタグラム、NBA Top ShotのDapper LabsおよびNBAと提携か

インスタグラム、NBA Top ShotのDapper LabsおよびNBAと提携か

インスタグラム(Instagram)がNBA Top Shotを提供するダッパーラボ(Dapper Labs)と提携したとインスタグラムのスポーツパートナーシップ担当のウィル・ヨーダー(Will Yoder)氏が7月13日にツイートした。

ツイートではNBA Top ShotのNFTであるモーメントをインスタのフレームワーク内でARとして表現されていることがわかる。

編集部のコメント

ダッパーラボは約8,141億円(75億ドル)を超える企業評価額で、新たに資金調達を行っていると4月に報道されています。

ダッパーラボはNFTのファーストペンギンとして知られるクリプトキティーズ(CryptoKitties)を2017年にローンチしました。まだブロックチェーンゲームが少ない当時、デジタルな猫の情報をNFTで表現しブロックチェーンに記録しながら、交配、トレードなどを行うこのゲームは大きな話題を呼びました。

そして次のNFTサービスである「NBA Top Shot」は、オープンベータ版を開始して5ヶ月で、約520億円(約5億ドル)のコレクターズアイテムが売買され、80万人以上の登録アカウント、少なくとも1つのNFTを持つ338,000人以上の顧客、300万件以上の取引が行われているようです。

現在、NBA Top Shotは最盛期より勢いを抑えられていますが、インスタグラムとの提携などアライアンスの話が水面下でいくつか動いている最中なのではないでしょうか。

参考:Will Yoder
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/16話題】コインベースペイ公開、中部アフリカ規制当局が暗号資産禁止を再度通告など(音声ニュース)

「コインベースペイ」公開、近日メタマスクとの連携も、中部アフリカ規制当局、ビットコイン法定通貨化の中央アフリカなどに暗号資産禁止を再度通告、野村證券、シンガポールでビットコイン先物とオプション取引提供、元メタのデビッドマーカス、ビットコイン・ライトニング開発企業「Lightspark」設立、マドンナとビープルのNFTコレクション「創造の母」、総額約8130万円で落札、フットサルFリーグ「ボルクバレット北九州」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

【5/13話題】バイナンスのLUNA現物取引ペアがBUSDのみに、BTCとETH担保で個人向け不動産ローンなど(音声ニュース)

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応、国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供、SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も、チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に、NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ、FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇、キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い、三井住友銀行、ブロックチェーン活用「Carbonplace」に参画、EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース、OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

Sponsored