インスタグラム、NBA Top ShotのDapper LabsおよびNBAと提携か

インスタグラム、NBA Top ShotのDapper LabsおよびNBAと提携か

インスタグラム(Instagram)がNBA Top Shotを提供するダッパーラボ(Dapper Labs)と提携したとインスタグラムのスポーツパートナーシップ担当のウィル・ヨーダー(Will Yoder)氏が7月13日にツイートした。

ツイートではNBA Top ShotのNFTであるモーメントをインスタのフレームワーク内でARとして表現されていることがわかる。

編集部のコメント

ダッパーラボは約8,141億円(75億ドル)を超える企業評価額で、新たに資金調達を行っていると4月に報道されています。

ダッパーラボはNFTのファーストペンギンとして知られるクリプトキティーズ(CryptoKitties)を2017年にローンチしました。まだブロックチェーンゲームが少ない当時、デジタルな猫の情報をNFTで表現しブロックチェーンに記録しながら、交配、トレードなどを行うこのゲームは大きな話題を呼びました。

そして次のNFTサービスである「NBA Top Shot」は、オープンベータ版を開始して5ヶ月で、約520億円(約5億ドル)のコレクターズアイテムが売買され、80万人以上の登録アカウント、少なくとも1つのNFTを持つ338,000人以上の顧客、300万件以上の取引が行われているようです。

現在、NBA Top Shotは最盛期より勢いを抑えられていますが、インスタグラムとの提携などアライアンスの話が水面下でいくつか動いている最中なのではないでしょうか。

参考:Will Yoder
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored