中国人民銀行副総裁、民間発ステーブルコインのリスクを言及

中国人民銀行副総裁、民間発ステーブルコインのリスクを言及

中国の中央銀行である中国人民銀行が民間発のステーブルコインが世界の金融システムに及ぼすリスクが大きいと不安視しているとCNBCが7月8日に報じた。

民間発のステーブルコインの代表的なものとして、USDTやUSDCなどが存在している。

実際に中国人民銀行の范逸飛(ファン・イフェイ)副総裁はCNBCに対して「一部の商業組織のいわゆるステーブルコイン、特にグローバルステーブルコインは、国際通貨システムや決済システムなどにリスクと課題をもたらす可能性があります。この問題についてはかなり心配しているので、いくつかの対策を講じています」と伝えている。

具体的にグローバルステーブルコインは、それ自体が投機の道具になっており、金融の安全と社会の安定に対する潜在的な脅威をもたらしているとのことだ。

またファン・イフェイ副総裁はデジタル人民元について「これまでのところ招待制のデジタル人民元システムには1,000万人以上のユーザーがいます」と現状を伝えている。

参考:CNBC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BeeBright・Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定