スタートバーンと電通、NFT事業の構築支援サービス開始

スタートバーンと電通、NFT事業の構築支援サービス開始

スタートバーン株式会社が、株式会社電通および電通ジャパンネットワーク傘下でR&Dを推進する組織である電通イノベーションイニシアティブ(DII)と協業し、NFT事業の構築支援サービスの開発とサービス開始を7月9日に発表した。

3社が協業にてNFT事業の構築支援サービスを開発した目的は、コンテンツを長期的に守り育む環境を生み、それに関わる全てのステークホルダーへの新しい体験や相互関係を提供するためとのことだ。

具体的にはNFTの発行・管理システムに加え、販売の戦略やインターフェースの企画開発まで、コンテンツホルダーがNFT事業を開始する上で必要なシステムおよびソリューションを網羅的に提供するとのこと。

またコンテンツの価値継承はもちろん、クリエイターやファンを含む全てのステークホルダーの体験および関係性の向上を前提に、各コンテンツの特徴やブランド価値に合わせたNFT事業の構築を支援していくようだ。

スタートバーンは同社のブロックチェーン基盤の特徴について以下のように説明をしている。

(1)コンテンツを長期的に守り育むために重要な二次流通管理の仕組み
・発行者やコンテンツの情報に加え、利用規約や還元金の設定がサービスを跨いで継承可能

(2)ユーザーフレンドリーな仕組み
・ユーザー側でウォレットを準備する必要はなく、Googleアカウントやメールアドレスでログイン可能
・法定通貨での決済も可能
・ガス代(イーサリアム・ブロックチェーン上での取引手数料)は、運営サービス側が肩代わり可能

(3)安価でサステイナブルな仕組み
・新たにPolygonというレイヤー2ソリューションを採用することで、取引手数料および電力消費量を削減

(4)モノとの紐付け
・ICタグの技術を活用することで、デジタルだけでなくリアルなモノとNFTの情報を紐づけが可能

電通コンテンツ・ビジネス・デザイン・センター 武田氏は「スタートバーンが保有する技術やこれまでの実績が、IPホルダーが抱える課題に対して非常に有効なソリューションになると考えます。

現在、 投機的・短期的なNFTの売買も多くみられますが、長期的なIPホルダー様とファンの新しい関係構築に寄与するファン体験・サービスを両社で実現してまいります」とコメントしている。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。