ベトナム首相、中央銀行にCBDC研究とパイロット実装を指示

ベトナム首相、中央銀行にCBDC研究とパイロット実装を指示

ベトナムの首相であるファム・ミン・チン (Pham Minh Chinh)氏が、ベトナム中央銀行に2021年から23年にかけて、ブロックチェーン技術に基づく中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究およびパイロット実装の依頼をしたことが、7月3日にベトナムニュースにより報じられた。

今回のベトナム政府の政策は「デジタル政府の実現のための電子政府開発戦略に関する決定」を基に推進した取り組みとのこと。

このブロックチェーンに基づくCBDCのパイロット実装は、ベトナム政府がよりデジタル化に推進する一環であり、その他にも人工知能(AI)、ビッグデータ、拡張現実、仮想現実(AR / VR)の研究も行う予定とのことだ。

ホーチミン経済大学のイノベーション研究所副所長であるフイン・フォック・ニャ(Huynh Phuoc Nghia)氏は今回の報道で「ベトナムのキャッシュレス決済は増加傾向にありますが、(CBDCの)パイロットの実施によって政府がプラス面とマイナス面を見つけることに役立ち、より適切な管理メカニズムを開発できます。一方で、CBDCの認識は、よりデジタル経済への移行を加速することにも役立ちます」と述べている。

なお報道によると、ベトナムには暗号資産について具体的な定義はないとのこと。長年にわたり、国営銀行はビットコインを含む暗号資産がベトナムでは法的に認められておらず、決済手段としての暗号資産の使用も法的に保護されていないとのことだ。

ホーチミン経済大学の副学長であるレダットチー(LeDat Chi)氏は「レースで優位に立つために国が競争力を持って暗号通貨の研究を加速するのが必要です」と強調したとのことだ。

参考:ベトナムニュース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatanaelGinting・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も