Visa、暗号資産の部署を拡大

Visa、暗号資産の部署を拡大

決済大手の米Visaが社内の暗号資産の部署(Visa Crypto business unit)を拡大し5人の重要な人材を採用・配属したことが6月30日に明らかになった。これはVisaの暗号資産担当責任者であるカイ・シェフィールド(Cuy Sheffield)氏が自身のTwitterにて明らかにした。

現在、Visaの暗号資産の部署は「1.アクセラレーション、2.ウォレットなどプロダクト開発、3.USDCなどステーブルコイン関連、4.NFTやDeFi、5.CBDC関連の研究開発」の5つが存在しているようだ。

採用した人材のうちの1人はチケ・ウカエグブ(Chike Ukaegbu)氏で、新興市場における暗号資産の事業戦略の責任者として採用された。チケ・ウカエグブ氏はニューヨークを拠点の技術アクセラレーター「Startup52」の創設者で、ナイジェリアの大統領選に出馬した経験を持っている。

カイ・シェフィールド氏はツイートにて「今後もVisaネットワークの力を活用して、ビットコイン、ステーブルコイン、NFT、DeFi、パブリックブロックチェーンネットワークの採用と有用性を高める機会をつくっていきます」と結論づけた。

参考:THE BLOCK
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した