コインファンド、NFT市場に新たな投資商品提供へ

コインファンド、NFT市場に新たな投資商品提供へ

ニューヨーク拠点のデジタル資産投資企業であるコインファンド(CoinFund)がNFT市場に新たな投資商品を提供する予定であることをブロックチェーンメディアTHE BLOCKが6月27日発表した。

このことはコインファンドのポートフォリオ・グロース責任者であるヴァネッサ・グレレット(Vanessa Grellet)氏が明らかにした内容で、商品名は「Metaversal(メタバーサル)」とのことだ。

THE BLOCKはNFT市場では今年2月下旬の1週間で2億ドル近くの取引量があったとし、6月20日週では約4,000万ドルにまで下がり市場は低迷していると説明。しかしコインファンドは今月初めに発表されたNFTマーケットプレイスのラリブル(Rarible)の1,400万ドルの資金調達の主導や、ダッパーラボ(Dapper Labs)、ジーニー(Genie)などへも投資を行っており、積極的にNFT市場へ参入しているという。

グレレット氏は「消費が鈍化しているとはいえ、NFTには多くのツールが登場します。 レンディングやNFTの金融化に関連した多くのツールを目にすることになると思います。それによって、NFTの市場は、DeFiなどの他の市場よりもさらに大きくなると思います」と市場参入の理由を語ったとのこと。

またグレレット氏は「NFTは単なるアートではなく、単なるコレクターズアイテムでもなく、契約書や人生のユニークな側面など、何でもNFTにすることができます。なので空は無限です」と語ったとのことだ。

参考:コインファンド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor・Arkadiusz-Warguła

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored