米デジタル資産銀行WDT、ワイオミング州銀行局から銀行免許取得

米デジタル資産銀行WDT、ワイオミング州銀行局から銀行免許取得

米デジタル資産銀行ワイオミング・デポジット・アンド・トランスファー(WDT)が、ワイオミング州銀行局からデジタル資産のための特別目的預託機関として銀行免許(チャーター)を取得したことを6月22日に発表した。

今回の銀行免許の取得により、WDTはトークン化された資産、デジタル資産、法定通貨のカストディサービスと商業銀行業務を米国内で提供できるようになったとのこと。この種類の銀行免許取得は、暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)、デジタル資産銀行アバンティ・バンク(Avanti Bank)に続き3件目となる。

WDTのCEOであるジュリー・フェローズ(Julie Fellows)氏は「銀行免許により、(中略)WDTはワイオミング州のブロックチェーン法の対象者である受託機関や中小のブロックチェーン・デジタル資産ベンチャーのニーズに応えられるようになりました」とコメントしている。

また、WDTのCTOであるジャスティン・カルバー(Justin Culver)氏は「当社のクラス最高の技術ソリューションは、デジタル資産の適格なカストディを商業銀行ソリューションと統合し、顧客が有価証券、暗号通貨などを含む広範なデジタル資産を単一のプラットフォーム上で安全に預託、交換、移転、保管することを可能にします」とコメントしている。

参考:Wyoming Deposit & Transfer
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・vitacopS

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored