水資源管理にブロックチェーン、米コロラド州が技術研究の法案承認

水資源管理にブロックチェーン、米コロラド州が技術研究の法案承認

コロラド州議会の両院がブロックチェーンなど新技術を州の水資源管理に利用する可能性を研究する法案を6月20日に承認した。この法案は45人の議員によって支持された。

The Blockによれば、現在米国西部の各州は干ばつや長期的な水利権・水管理の問題に取り組んでいるとのことだ。

コロラド州は具体的にブロックチェーンなどの新技術が「(1)地表水と地下水の監視、管理、保全、配分を改善すること(2)生産された水や廃水のリサイクル、再生、廃棄のプロセスにおける非効率性や無駄を削減すること(3)水利権取引の当事者が取引の根拠となるデータをより信頼できるようにすること」に役立つと法案に記載されている。

さらにこの法案にはコロラド州議会が「コロラド大学がコロラド州立大学およびコロラド水研究所と協力して、ブロックチェーンなどの技術の実現可能性調査および試験的な展開を行うことを許可し指示すること、およびこれらの技術がコロラド州の水管理を改善する可能性について総会に報告することが公共の利益になることを宣言する」とも記載されている。

特にブロックチェーン技術は水の使用に関するデータのブロックチェーンによる文書化、通信、認証、増量計画を含むコロラド州の先取特権制度に基づく義務の履行、および水の保全などに活用される予定となっている。

参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NCemile-Bingol・katatonia82

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した