水資源管理にブロックチェーン、米コロラド州が技術研究の法案承認

水資源管理にブロックチェーン、米コロラド州が技術研究の法案承認

コロラド州議会の両院がブロックチェーンなど新技術を州の水資源管理に利用する可能性を研究する法案を6月20日に承認した。この法案は45人の議員によって支持された。

The Blockによれば、現在米国西部の各州は干ばつや長期的な水利権・水管理の問題に取り組んでいるとのことだ。

コロラド州は具体的にブロックチェーンなどの新技術が「(1)地表水と地下水の監視、管理、保全、配分を改善すること(2)生産された水や廃水のリサイクル、再生、廃棄のプロセスにおける非効率性や無駄を削減すること(3)水利権取引の当事者が取引の根拠となるデータをより信頼できるようにすること」に役立つと法案に記載されている。

さらにこの法案にはコロラド州議会が「コロラド大学がコロラド州立大学およびコロラド水研究所と協力して、ブロックチェーンなどの技術の実現可能性調査および試験的な展開を行うことを許可し指示すること、およびこれらの技術がコロラド州の水管理を改善する可能性について総会に報告することが公共の利益になることを宣言する」とも記載されている。

特にブロックチェーン技術は水の使用に関するデータのブロックチェーンによる文書化、通信、認証、増量計画を含むコロラド州の先取特権制度に基づく義務の履行、および水の保全などに活用される予定となっている。

参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NCemile-Bingol・katatonia82

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/1話題】KyberSwapのハッカーが完全支配を要求、マイクロストラテジーが880億円相当のBTC購入など

KyberSwap事件のハッカー、報奨金の取引条件として同社完全支配を要求、米マイクロストラテジー、880億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数174,530BTCに、グレイスケール、現物BTC投資信託「GBTC」の運用効率化で契約更新、積水化学、蘭ブロックチェーントレーサビリティ「サーキュライズ」と業務提携、ワームホールが約331億円の資金調達、Wormhole Labs設立も、デジタル資産投資プラットフォームのFasset、ドバイでVASPライセンス取得、アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに、IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も、バイナンス、BUSDのサポートを12月に終了へ

Sponsored

IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も

IoT向け分散型台帳(DLT)プラットフォーム「アイオータ(IOTA)」が、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビに「アイオータ・エコシステムDLT財団」を設立したことを11月29日発表した。なお同財団はアブダビ・グローバル市場(ADGM)に登録された初の初のDLT(分散型台帳)に関する財団とのこと

アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」開発の分散型プラットフォーム「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の最大のバリデータとなり、TONエコシステムのミニアプリ「トンプレイ(TON Play)」へ出資したことを11月28日発表した