米共和党、暗号資産での政治献金可能へ

米共和党、暗号資産での政治献金可能へ

全米共和党議会委員会(The National Republican Congressional Committee:NRCC)が、暗号資産(仮想通貨)での政治献金の受付を開始する予定であることがメディアAxiosの取材によって6月17日に明らかになった。 

Axiosの報道によれば、NRCCは政治献金の処理には支払処理業者であるBitPayを使用する予定で、献金はNRCCの口座に入る前に米ドルに変換されるとのことだ。

NRCCは直接、暗号資産を保有するわけではないので、従来通り年間約110万円(1万ドル)までの個人の寄付を受け付けることができる。

あわせてNRCCの会長であるトム・エマー(Tom Emmer)議員は「私たちは、ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)氏の社会主義的な政策を阻止し、下院の過半数を奪還するという使命を果たすために、あらゆる手段を講じることに注力しています。この革新的な技術は共和党が成功するために必要なリソースを提供するのに役立ちます」と声明を発表している。

参考:Axios
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・giodilo

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。