【速報】ステイクとダブルジャンプ、パートナーシップ締結

ステイクとダブルジャンプ、パートナーシップ締結

日本発のパブリックブロックチェーンであるプラズムネットワーク(Plasm Network)と紫電ネットワーク(Shiden Network)の開発をリードするステイクテクノロジーズ(Stake Technoloiges)が、ブロックチェーンゲームなどの開発を行うdoublejump.tokyoとパートナーシップを締結したことを6月14日に発表した。目的は双方のエコシステム拡大していくため。

doublejump.tokyo関連のゲームタイトルがPlasm Network及びShiden Networkに順次対応される予定とのことだ。

doublejump.tokyoはNFTのサステナビリティの実現に向けて脱PoW依存に取り組んでおり、このパートナーシップ締結もその取組の一貫のようだ。現状のEthereumやBitcoinが採用しているPoW方式と異なり、Plasm及びPlasmが接続される予定のPolkadotは、NPoS(Nominated Proof of Stake)というPoS方式の一種を採用している。

NPoSは電力コストによってネットワークを守るのではなく、直接的な経済的インセンティブによってネットワークを維持するもので、消費されるエネルギーはEthereumやBitcoinと比較にならないほど小さいとされているとのことだ。

またPlasmは水力と太陽光により発電された電力のみを用いるデータセンターとの提携を進めるなど、カーボンニュートラル、またはカーボンマイナスな未来を目指して活動しているとのことだ。

今後の展開として、まずはShiden NetworkがKusamaパラチェーンスロットを獲得後、doublejump.tokyoの運営するブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」の参画タイトルが、同サービスの展開する「Asset Mirroring System」 を通じてShiden Network対応を行う予定で、既にテストネットにおける実装が完了しているとのことだ。

またdoublejump.tokyoはPlasm NetworkとShiden Networkのバリデータの運用を行う予定とのことだ。

images:iStocks/Lidiia-Moor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored