【速報】ステイクとダブルジャンプ、パートナーシップ締結

ステイクとダブルジャンプ、パートナーシップ締結

日本発のパブリックブロックチェーンであるプラズムネットワーク(Plasm Network)と紫電ネットワーク(Shiden Network)の開発をリードするステイクテクノロジーズ(Stake Technoloiges)が、ブロックチェーンゲームなどの開発を行うdoublejump.tokyoとパートナーシップを締結したことを6月14日に発表した。目的は双方のエコシステム拡大していくため。

doublejump.tokyo関連のゲームタイトルがPlasm Network及びShiden Networkに順次対応される予定とのことだ。

doublejump.tokyoはNFTのサステナビリティの実現に向けて脱PoW依存に取り組んでおり、このパートナーシップ締結もその取組の一貫のようだ。現状のEthereumやBitcoinが採用しているPoW方式と異なり、Plasm及びPlasmが接続される予定のPolkadotは、NPoS(Nominated Proof of Stake)というPoS方式の一種を採用している。

NPoSは電力コストによってネットワークを守るのではなく、直接的な経済的インセンティブによってネットワークを維持するもので、消費されるエネルギーはEthereumやBitcoinと比較にならないほど小さいとされているとのことだ。

またPlasmは水力と太陽光により発電された電力のみを用いるデータセンターとの提携を進めるなど、カーボンニュートラル、またはカーボンマイナスな未来を目指して活動しているとのことだ。

今後の展開として、まずはShiden NetworkがKusamaパラチェーンスロットを獲得後、doublejump.tokyoの運営するブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」の参画タイトルが、同サービスの展開する「Asset Mirroring System」 を通じてShiden Network対応を行う予定で、既にテストネットにおける実装が完了しているとのことだ。

またdoublejump.tokyoはPlasm NetworkとShiden Networkのバリデータの運用を行う予定とのことだ。

images:iStocks/Lidiia-Moor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored