米国税務当局(IRS)、暗号資産の税務取締り強化のため予算拡大か

米国税務当局(IRS)、暗号資産の税務取締り強化のため予算拡大か

米国内国歳入庁(IRS)が最新の議会予算正当化案および年次業績報告書・計画にて、米国の税務当局が暗号資産(仮想通貨)の取締りを強化するための具体案を6月8日に公開した。

この具体案によるとIRSは、暗号資産関連の取締りを強化するために予算を拡大し、暗号資産を利用した脱税などの取締りに役立つ企業との契約を増やす狙いがあるようだ。

今回の発表によると2022年度のIRSの予算要求額は合計で約1兆4,000億円(132億ドル)となり、2021年度と比較して約1,400億円(12億ドル)の増加となった。取締りの執行面では、前年比約500億円(4億5,800万ドル)増の約5,700億円(54億6,000万ドル)を要求しているとのことだ。さらにIRSは、暗号資産・サイバー関連の執行業務を強化するために約34億円(3,200万ドル)の追加資金を求めている。

参考:IRS
デザイン:一本寿和
images:iStocks/designer491

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。