中国著作権協会、ブロックチェーン著作権サービスプラットフォームをリリース

中国著作権協会、ブロックチェーン著作権サービスプラットフォームをリリース

中国著作権協会(CSC)が、「中国著作権チェーン(China Copyright Chain)」と呼ばれるブロックチェーン著作権サービスプラットフォームの正式リリースを、6月1日に中国国家知識産権局の中国オンライン著作権保護・発展会議で発表した。

発表によると中国著作権チェーンは、著作権の存在証明、侵害監視、オンラインフォレンジック、削除命令の発行、著作権調停、権利保護訴訟など、著作権保護サービスの全過程を権利者に提供することができる。

中国著作権協会理事である阎暁宏(ヤン・シャオホン)氏は、「不変性、追跡可能性、分散型コンセンサスという特徴を持つブロックチェーン技術は、デジタル著作権保護と自然に契合し、著作権保護のコストを大幅に削減し、著作権保護の効率を向上させるとともに、オンライン著作権の保存、取引、維持のための新しい方法を提供しました」と述べた。

また最高人民法院知的財産法廷の審判長である秦元明(シン・ユァンミン)氏は会議にて「著作権の司法審判でもブロックチェーン技術を積極的に運用し、北京、杭州、広州のインターネット裁判所は、ブロックチェーンにて著作権の存在証明を審理した実績が相当あります」と発言した。

参考:中国新聞網
デザイン:一本寿和
images:iStocks/StudioM1・Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。