竹中鋼管が再エネ100%調達開始、アスエネのBC活用しCO2排出削減

竹中鋼管が再エネ100%調達開始、アスエネのBC活用しCO2排出削減

兵庫県姫路市の鋼管・パイプ卸売業企業である竹中鋼管が、ブロックチェーンを活用した電力小売り会社であるアスエネ株式会社と連携して、地産地消のCO2排出量ゼロおよび再エネ100%の「アスエネでんき」の調達を開始することを6月7日発表した。

発表によると竹中鋼管が調達する再エネは、二川工業製作所が保有する兵庫県の桜上池太陽光発電所より調達するものであるという。また今回の連携の目的は製造・仕入などのサプライチェーン全体のCO2排出量を100%削減するとともに、兵庫県の地産地消・地方創生に取組、更なる脱炭素化を推進することであるとのこと。

アスエネ株式会社はイーサリアムのパブリックブロックチェーンを活用し、二酸化炭素排出量ゼロとなる再生可能エネルギー100%の電力を、製造業の工場や企業の店舗・施設などに提供してコスト削減を図るサービスを提供している。同社は今後も二川工業、竹中鋼管と連携の上、更なる気候変動テック事業を推進し続けるとのことだ。

参考:アスエネ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia Moor

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ