メキシコのサッカークラブ「クラブ・ネカクサ」、希薄化しても1%株式保有の権利を示すNFTを500ETHで販売

メキシコのサッカークラブ「クラブ・ネカクサ」、希薄化しても1%株式保有の権利を示すNFTを500ETHで販売

メキシコのトップサッカーリーグのチームであるクラブ・ネカクサ(Club Necaxa)が、クラブの一部の所有権を付与するためのNFTオークションを行うことを6月1日に発表した。オークションはマーケットプレイス「OpenSea」にて行われ、入札開始価格は500ETH(約130万ドル)となっている。NFTは「Club Necaxa Token」という名称で、Ethereum上で発行されている。

このNFTを所有する人はクラブ・ネカサの1%の株式を保有することになり、株式の所有権を表しうるものとなる。 

クラブ・ネカクサの50%株式を保有する投資家のアイ・タイリス(Al Tylis)氏は「このNFTの特徴において最も重要なのは、1%の出資が永続的であることです。タイリスとパートナーが株式を発行し、その株式が希薄化されたとしても、NFTの所有者は常にチームの1%の株式を所有することになります。つまり他の投資家と違って、NFTの保有者は、将来的に追加費用を負担する必要がないのです」とブルームバーグの取材に対して答えている。

ST(セキュリティートークン)ではなくNFTを利用する理由は、メキシコのサッカーリーグを全く知らないような技術に精通した人たちに、クラブへの関心を持ってもらうためとのことだ。

なおLedgerinsightsによればメキシコは証券化に関する法的要件が米国や欧州とは異なっているとのことで、このNFTは証券に該当しない可能性がある。

参考:クラブ・ネカクサ
デザイン:一本寿和
images:iStock/msan10

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。