【追加取材】「Startbahn Cert.」、デジタル作品への対応とおよび電力消費量を大幅削減を発表(執行役員 太田圭亮)

「Startbahn Cert.」、デジタル作品への対応とおよび電力消費量を大幅削減を発表

スタートバーン株式会社が、ブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」のアップデートを発表した。発表内容は、デジタル作品に関するブロックチェーン証明書「Cert.」の発行受付を開始、と取引コスト(スタートバーン社比10,000分の1以下)および電力消費量の大幅削減だ。

またデジタル作品に証明書を発行できるのは、アートギャラリーをはじめ、アーティストのマネジメントや作品の取り扱いを行う法人で、問い合わせを既に受け付けており、発行開始は6月中旬を予定しているとのことだ。

電力消費量に関しては、レイヤー2ソリューション「Polygon」を採用することで、ブロックチェーン上の取引コストを約10,000分の1に削減し、サステナブルな仕組みを構築できたようだ。

加筆:4月30日17時53分

あたらしい経済はスタートバーン執行役員事業開発部長の太田圭亮氏へ取材を行った。

スタートバーン執行役員事業開発部長の太田圭亮氏へ取材

-「NFTアート」には備わっていない、サービスを横断した作品の価値継承および権利保護を実現する最適な仕組みとは、具体的にどのようなプロセスでしょうか?

太田圭亮(以下:太田氏):既存のNFTアートマーケットの場合、それぞれのNFTに書き込まれているコンテンツの情報や規約の内容などは、サービスごとに異なっており、互換性を持っていません。そのため、サービスを跨いで還元金を支払うことも実質不可能です。

一方「Startbahn Cert.」は、作品がサービスを跨いで二次流通していった場合にも、来歴の記録や、作品の流通・利用規約の実行がされるように構築されています。さらには、OpenSeaやRaribleのようなNFTマーケットプレイスで発行されたNFTとの互換システムも構想中です。

-NFTと電力消費量に関して、どのような課題意識を持っているのでしょうか?

太田氏:イーサリアム上でのNFTの取引には多くの電力が必要で、環境への負荷が高いと言われています。

今後、より多くの人に使っていただくブロックチェーンの仕組みとして構築するためには、可能な限りサステナブルにしていくことが重要であると考えています。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:スタートバーン

(images:iStocks/Who_I_am)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと