ルワンダにてブロックチェーンを活用した土地管理のパイロットプロジェクト開始

ルワンダにてブロックチェーンを活用した土地管理のパイロットプロジェクト開始

米ブロックチェーン企業Medici Land Governance(メディチ・ランド・ガバナンス:MLG)が、ルワンダ共和国政府との提携により、同国キガリ州ガサボ地区において、任意売却による土地移転をペーパーレスでより安全に行うパイロットプロジェクトを4月28日発表した。

このパイロットプロジェクトにはMLGが開発したブロックチェーン土地取引プラットフォーム「Ubutaka(ウブタカ)」が利用され、ルワンダの既存の土地登記インフラストラクチャと統合され、実験が行われるとのことだ。

2009年以降ルワンダでは土地管理のデジタル化に取り組んでいるが、現状申請者は時間のかかる多くの書類の提出が求められているという。また既存のシステムでは、土地の名前の重複、データエラー、書類の誤配置などのヒューマンエラーや、詐欺、記録の改ざんなど数々の問題を抱えているという。

このような非効率的で不正確な登記システムは多くの開発途上国で共通の課題となっている。正確な事務処理が行われないと、土地所有者は所有権を証明できなくなり、人々は不動産の開発に投資することを躊躇することになる。さらに土地管理における標準化と監査の欠如は、腐敗と詐欺につながる問題となる。

ブロックチェーンを活用した「Ubutaka」を現行の登記システムと連携することで、すべての取引データのデジタル証明、公務員(作業者)による承認、登録機関による承認がパブリック・ブロックチェーンに公開され、将来の監査の際など関係者全員による反論の余地のない証明になるとしている。

MLGのCEOであるアリ・エル・フセイニ(Ali El Husseini)氏は「我々は、ルワンダ市民が、安全でペーパーレスな方法で、時間や仕事を失うことなく、あらゆる種類の土地移転を実行できるようになることを楽しみにしています」とリリースにて述べている。

なお3か月のパイロット期間終了後にシステム評価が行われ、利用地区の拡大と任意売却以外での利用の検討を行うとのことだ。

参考:Medici Land Governance

(images:iStock/Lidiia Moor・thierry-kapay)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。