米SEC委員長にゲイリー・ゲンスラー氏、米国上院が承認

米SEC委員長にゲイリー・ゲンスラー氏、米国上院が承認

米国上院がゲイリー・ゲンスラー氏を米証券取引委員会(SEC)の委員長に承認したことが明らかになった。

これまでゲイリー・ゲンスラー氏はオバマ政権下で米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長としてドッドフランク法の施行を含め金融スワップ市場への規制を主導した。その後マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授に就任し、デジタル資産やブロックチェーン技術などをテーマにした授業を担当していた。

SEC委員らは「ゲイリー・ゲンスラー氏が上院で承認され、SEC委員長に就任したことを心から祝福します。ゲンスラー氏は、投資家と市場のために日々たゆまぬ努力を続けている献身的なスタッフの一員となります。ゲンスラー氏の公務への復帰を歓迎するとともに、私たちの重要な使命を遂行するために共に働くことを楽しみにしています」と述べている。

参考:THE BLOCK

(images:iStock/gstraub・msan10)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored