ビットコインETFに続きビットコイン投資信託を発表、カナダのCIグローバルアセットマネジメント

ビットコインETFに続きビットコイン投資信託を発表、カナダのCIグローバルアセットマネジメント

カナダの資産運用会社CIグローバルアセットマネジメント(CI Global Asset Management)がビットコイン投資信託の立ち上げを4月5日に発表した。

CIグローバルアセットマネジメントはカナダを拠点とする資産運用会社で、カナダで3件目となるビットコイン上場投資信託(ETF)である「CI・ギャラクシー・ビットコイン・ETF(CI Galaxy Bitcoin ETF:BTCX)」をトロント証券取引所に上場している。

今回発表されたビットコイン投信は「CI・ビットコイン・ファンド(CI Bitcoin Fund)」と呼ばれるもので、このファンドの資金は全てビットコインETFであるBTCXに投資されるとのこと。ETFは主要取引所で取引可能であるが、投資信託は非上場であるため、取引所では売買されない。またこのファンドに関しては、投資家はファンドを通じて管理手数料0.40%で初期投資額500ドル(約55,000円)から投資可能とのことだ。

なおCIグローバルアセットマネジメントによると、投資信託とETFの両方でビットコインへのアクセスを提供するのは世界で初めてとのことだ。

CIグローバルアセットマネジメントの親会社CIフィナンシャル(CI Financial)のCEOであるカート・マカルパイン(Kurt MacAlpine)氏はプレスリリースにて「CI・ビットコイン・ファンドは、カナダの投資家が自分のポートフォリオにビットコインを加えるための、便利で安全かつコスト効率の高いオプションを提供します」と述べている。

CIグローバルアセットマネジメントはビットコインETFに続いてイーサリアムETFの申請も行っている。イーサリアムについてもビットコインと同様に、ETFと投資信託の両方のアクセス方法を提供する予定とのことだ。

関連ニュース 「カナダにて3件目のビットコインETF発行が承認」

参考:CI Global Asset Management

(images:iStock/LongQuattro・jauhari1)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored