【国内初】SBI証券がSTO取扱いに係る変更登録完了

【国内初】SBI証券がSTO取扱いに係る変更登録完了

株式会社SBI証券が、国内初となる金融商品取引法における電子記録移転有価証券表示権利等の取扱いに係る変更登録を完了したことを3月26日発表した。これにより同社はSTO(セキュリティトークンオファリング)の取扱いが可能になったとのこと。

STOとは発行体が従来の株式や社債等に代わり、ブロックチェーン等の電子的手段を用いて発行する有価証券等である「セキュリティトークン」により資金を調達するスキームだ。日本では2020年5月1日の金融商品取引法及び関連する政府令の改正施行により「電子記録移転有価証券表示権利等」として規定され、法令に準拠した取扱いが可能となっている。

またSBI証券は既に発行されたセキュリティトークンについて、同社を相手方として顧客が売買を行う店頭取引を取り扱う事も検討しているとのこと。 

なおSBI証券が取り扱うSTOの具体的な内容については決定後に順次、法令諸規則に基づく開示や同社のWEBサイト等で発表があるとのことだ。

2020年10月にSBI e-Sports株式会社は、SBIホールディングス株式会社を引受人とするセキュリティトークンを用いた第三者割当増資を実施していた。

参考:SBIホールディングス

(images:iStocks/artsstock・m_pavlov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行