ビープルがNFT販売のイーサ収益を全て米ドルに変換

ビープルがNFT販売のイーサ収益を全て米ドルに変換

デジタルアーティストのビープル(Beeple)氏が大手アートオークション企業クリスティーズ(Christies)にてオークション販売したNFTアートの収益全てを米ドルに変換したことが米メディアThe New Yorkerによって3月22日明らかになった。

ビープルことマイク・ウィンケルマン(Mike Winkelmann)氏は、5000日間で制作したアート作品5000点をひとつにまとめコラージュさせたNFTアート「THE FIRST 5000 DAYS」をクリスティーズ開催のオンラインオークションに2月25日より出品した、その後オークション最終日3月11日には約75億円(約6,935万ドル)でこのNFTアートは落札されたことが大きな話題を呼んでいた。

The New Yorkerによるとビープル氏は、競売手数料と税金を除いたオークション収益が5,300万ドル相当のイーサリアム(ETH)であったことと、受け取った直後に価値が変動し始めたことに驚き、その収益全てを米ドルに変換したとのこと。

ビープル氏は自身を「私は暗号技術のピュアリスト(純粋主義者)ではありません」「こんなことになるずっと前から私はデジタルアートを制作していました。もし明日、NFTが無くなったとしても私は変わらずデジタルアートを制作しています(英文: “I was making digital art long before any of this shit, and if all this fucking N.F.T. stuff went away tomorrow I would still be making digital art.” )」と語ったとのことだ。

編集部のコメント

ちなみにビープル氏は米TV番組のFox News Sundayにて、今回の落札価格について「バブルである」とも発言しています。

参考:The New Yorker

(images:iStocks/NeoLeo・ustinroque)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない