三菱商事とNTTがDX推進の共同会社インダストリー・ワン設立、2021年度中にブロックチェーンの実証実験予定

三菱商事とNTTがDX推進の共同会社インダストリー・ワン設立

三菱商事株式会社と日本電信電話株式会社(NTT)が、デジタルトランスフォーメーション(DX)サービスを提供する共同出資会社「株式会社インダストリー・ワン(Industry One)を2021年度に設立することを発表した。なお資本金は9億円で、出資比率は三菱商事51%、NTT 49%となっている。

インダストリー・ワンは現在、食品流通分野における食品卸の在庫最適化ソリューションの開発を進めている。具体的には、小売、卸、メーカーの在庫、受発注、需要予測等、企業内や企業間に散在するデータと、気象予測情報等の外部データをデジタル技術でシームレスかつセキュアに連携する基盤を株式会社NTTデータと共同開発した。

また、エムシーデジタル株式会社と共に開発した独自AIエンジン(特許出願中)を用いた約10,000商品を対象とした実証実験において、物流センターの在庫を平均約3割(一部カテゴリでは最大4割)削減し、トレードオフの関係にある欠品率も総じて低下させることに成功しているとのこと。

そして2021年度より、三菱食品株式会社が運営する株式会社ローソン向け物流センターを対象に、開発したソリューションの提供をめざしており、同社と共に他企業向けに順次展開する予定となっている。

また三菱商事及びNTTは、インダストリー・ワンと共に、ブロックチェーン等の先端技術を活用した企業間のスマートコントラクトについても、2021年度より実証実験を開始する予定となっている。

株式会社ローソン代表取締役の竹増貞信氏は「当社は、『私たちは”みんなと暮らすマチ”を幸せにします。』のグループ理念の下、新しい時代の『マチのほっとステーション』を目指して事業活動を推進しております。

食品流通における今回の在庫最適化の取組みは、SDGsの推進に積極的に取り組む当社の重点課題でもある、食品ロス削減や物流効率向上などの社会課題の解決に資する非常に重要な取組みと位置付けています。当社としても社会的責任を果たすべく三菱商事、三菱食品等関係各社と連携しながら取り組んでまいります」とコメントしている。

三菱食品株式会社代表取締役の森山透氏は「当社は、『中間から中核へ』という企業ミッションを掲げ、デジタルを活用して社会課題の解決に貢献する『新たな卸売業』へ転換すべく、データとデジタルの活用による業務効率化と需要創造を進めております。

今回、三菱商事、NTTと共同で開発した在庫最適化ソリューションを自社で運営する物流センターで活用していくと共にオープンに他社に展開していくことで、当社の業務効率化のみならず、取引先の課題解決、業界全体の最適化、地域社会の持続的な発展に貢献していきたいと思います」とコメントしている。

編集部のコメント

三菱商事は、産業DX推進に向け、積極的に外部企業とも連携しているようです。そのためにDXサービスを共同で開発・提供していく方針で、東芝テック株式会社、富士通株式会社、株式会社ラキールと協業を検討することに既に合意しています。

参考:三菱商事とNTTによるDX新会社設立について ~ 食品流通分野からサービス提供を開始、あらゆる産業へ展開 ~

(images:iStocks/shilh)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定