特集 「あたらしい経済」時代の働き方

この特集をシェア

「常識や平均を突破できさえすれば、ビジネスや仕事なんて超イージーゲーム 」箕輪厚介という、あたらしい経済時代の働き方 13,000字インタビュー(2)

今はリアリティショーが求められているので、だからこそ、そういう意味でも多くの人たちにチャンスはあると思っています。 僕もパンティ箕輪とか、本当に子供の悪ふざけの延長みたいなことが拡大して行って、雑誌やテレビに取り上げられて箕輪って面白いよねとなっている。それは普段本を作ってる人がめちゃくちゃな人生を送っているというリアリティがあるからです。

「やりたくもないし、価値もないと思ってやっていることは、今この瞬間に辞めても誰も困らない」箕輪厚介という、あたらしい経済時代の働き方 13,000字インタビュー(3)

本当に価値があるものを生み出している人や経済活動は本当に少ないと思います。 そしてその無駄があって壮大に現在の経済は回っているのも事実なんですが、いまの若い人達は「要らないものを作って要らないものを消費していること」が、くだらないなと思っている。要らないもの作るよりシェアすればいいじゃんみたいに。 そういう時代においては無駄に作られたものよりも、遊んでいるようなことの方に価値が出てくるわけです。

人気の特集

最新の記事

デジタルドルプロジェクトに23メンバーが追加、HSBCがCordaで100億ドル私募債デジタル化、博報堂らブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

デジタルドルプロジェクトが新たな23のメンバーを発表、HSBCがCorda上で100億ドルの私募債をデジタル化したことを発表、博報堂とケンタウロスワークスと原本が共同でブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス「C-Guardian」を開発、バイナンスアカデミーが上海政府と共同でブロックチェーン技術産業研究所を設立へ

博報堂とケンタウロスワークスと原本が共同でブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス「C-Guardian」を開発

株式会社博報堂が、同社発足の「HAKUHODO Blockchain Initiative」と株式会社ケンタウロスワークスおよび原本株式会社と共同で、ブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツの著作権を管理・保護するサービスC-Guardian(シー・ガーディアン)を、開発したことを3月30日にプレスリリースにて発表した

Visaデビットカード「Binance Card」ベータ版がリリース、アントフィナンシャルが越境EC「Kaola」にブロックチェーン導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスがVisaのデビットカード「Binance Card」ベータ版をリリース、アントフィナンシャルが越境EC「Kaola」にブロックチェーン導入、楽天ウォレットがレバレッジ取引サービスを開始、シンギュラネットとシンガポール製造技術研究所が共同でイーサリアムの高速化へのボトルネックを特定した論文を公開