特集 「あたらしい経済」時代の働き方

この特集をシェア

「常識や平均を突破できさえすれば、ビジネスや仕事なんて超イージーゲーム 」箕輪厚介という、あたらしい経済時代の働き方 13,000字インタビュー(2)

今はリアリティショーが求められているので、だからこそ、そういう意味でも多くの人たちにチャンスはあると思っています。 僕もパンティ箕輪とか、本当に子供の悪ふざけの延長みたいなことが拡大して行って、雑誌やテレビに取り上げられて箕輪って面白いよねとなっている。それは普段本を作ってる人がめちゃくちゃな人生を送っているというリアリティがあるからです。

「やりたくもないし、価値もないと思ってやっていることは、今この瞬間に辞めても誰も困らない」箕輪厚介という、あたらしい経済時代の働き方 13,000字インタビュー(3)

本当に価値があるものを生み出している人や経済活動は本当に少ないと思います。 そしてその無駄があって壮大に現在の経済は回っているのも事実なんですが、いまの若い人達は「要らないものを作って要らないものを消費していること」が、くだらないなと思っている。要らないもの作るよりシェアすればいいじゃんみたいに。 そういう時代においては無駄に作られたものよりも、遊んでいるようなことの方に価値が出てくるわけです。

人気の特集

最新の記事

暗号資産取引所FTXがテスラ株などをトークン化し提供へ、カナダの中銀デジタル通貨PJ実行フェーズへ、マスターカードが農業系BC企業と提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXがテスラやネットフリックスなどの株式をトークン化し1株未満で提供開始予定、カナダ銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトが概念実証フェーズから実行フェーズへ、マスターカード(Mastercard)がサプライチェーンの透明化のために農業系ブロックチェーン企業グレインチェーン(GrainChain)との提携発表、JPモルガンがブロックチェーン利用の銀行間情報ネットワークを「Liink(リンク)」にリブランド、SBIが支援するブロックチェーン技術を利用したプレミアム付電子商品券が福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会にて発行決定、アステリアがブロックチェーン活用の3密回避Webアプリを開発

SBIが支援するブロックチェーン技術を利用したプレミアム付電子商品券が福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会にて発行決定

SBIホールディングス株式会社が、同社の地域活性化を推進する取り組みの一環として支援をした自治体によるプレミアム付き商品券の電子化する取り組みにより、福岡県福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会から「ひらぐらペイ(平尾商工連合会発行)」及び「キャッシュレスハコぽっぽ(箱崎商店連合会発行)」が提供開始されることを10月29日発表した。

コインベースが最大4%の暗号資産付与のデビットカードローンチ、コンセンシスがデジタルユーロとタイのCBDC実証実験参加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが米国で最大4%の暗号資産付与のデビットカードのローンチを発表、イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがデジタルユーロの実証実験に参加、イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがタイの中央銀行デジタル通貨(CBDC)のプロトタイプの実証実験に参加、住友商事とbitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」を活用した不動産賃貸契約プラットフォーム「スマート契約」のプレ商用サービスを開始