特集 企業のビットコイン投資

この特集をシェア

「史上最高値更新のビットコインに多くの企業は投資すべき?」米上場企業がビットコインへ投資した理由

新型コロナウイルスへの対策として各国の中央銀行が民間消費や企業投資を促すために莫大な量の通貨を発行した。それによって各国の企業や投資家が現金を従来の金融資産である株式や債券へ変える動きが加熱している。 そんな中、米国で大手企業がその投資先のアセットとして「ビットコイン」を選び出したことが今年大きな話題となった。現在ビットコインの価格は年初より高騰しているが、その考えられる要因の一つにも、この大手企業らのビットコイン購入が挙げられている。 今年ビットコインへの大規模な投資を行って話題を呼んでいる米上場企業はスクエアとマイクロストラテジーの2社だ。 この記事では「企業のビットコイン投資」に焦点をあてて、この2社がなぜビットコイン投資を行ったのかを振り返り、そして今後の動きについて予想していく。

最新の記事

【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援

ビットコインエコシステムへ投資を行う米国VC「フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)」 の日本法人「フルグル合同会社」が、ライトニングネットワークのユーザーおよび開発者のコミュニティ「Diamond Hands(ダイヤモンドハンズ)」を支援していくことを10月7日に発表した。