特集 人気ゲームエンジニアが語るブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)の課題と可能性

この特集をシェア

人気ゲーム「モンスターストライク」のエンジニアはブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)をどう見るか?(株式会社ミクシィ 執行役員CTO 村瀬龍馬)

SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」(以下、モンスト)の開発に従事し、株式会社ミクシィ 執行役員CTOの村瀬龍馬氏にゲームエンジニアとしてのブロックチェーンの可能性や、ゲームの発展の可能性について語っていただきました。

ヒットゲームのエンジニアがブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)を作るとしたら(株式会社ミクシィ 執行役員CTO 村瀬龍馬)

SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」(以下、モンスト)の開発に従事し、株式会社ミクシィ 執行役員CTOの村瀬龍馬氏にゲームエンジニアとしてのブロックチェーンの可能性や、ゲームの発展の可能性について語っていただいたインタビュー第2回です。

さまざまな技術発展はゲーム業界にどんな未来をもたらすのか(株式会社ミクシィ 執行役員CTO 村瀬龍馬)

SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」(以下、モンスト)の開発に従事し、株式会社ミクシィ 執行役員CTOの村瀬龍馬氏にゲームエンジニアとしてのブロックチェーンの可能性や、ゲームの発展の可能性について語っていただいたインタビュー最終回です。

最新の記事

EYがEYOpsChain Public Finance Managerを発表、SBIとNECが分散型台帳活用の金融機関向け事業を展開、カナダ銀行がデジタル通貨発行を2013年から検討などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

EYがEY OpsChain Public Finance Managerを発表、SBIセキュリティ・ソリューションズとNECが合弁会社を設立し、分散型台帳技術を活用した金融機関向けソリューション事業を展開、カナダ銀行がデジタル通貨の発行を2013年から検討し続けていることが明らかに、MRIと近鉄グループが、ブロックチェーンを活用したデジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」を実用開始

「世界はそれを呪縛と呼ぶか、理想と呼ぶか」芥川賞作家・上田岳弘氏×ブロックチェーンエンジニア・落合渉悟氏 <2万字特別対談>(2)

仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンを題材にした『ニムロッド』で第160回芥川賞受賞し、最新作『キュー』ではテクノロジーの発展の先にある分散化あるいは究極の中央集権化を見事に描いた小説家 上田岳弘 氏。そしてイーサリアムの高速化技術である「Plasma」の開発者として世界から注目を集めるエンジニアであり株式会社Cryptoeconomics Lab のCo-founder/Chief Economistである落合渉悟氏。小説家とエンジニアという全く違った境遇の二人が表現やテクノロジーの未来に激しく共鳴し合う、特別対談第2回(全3回)。

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨投資分析PFローンチ、WyreがApple PayGoogle Payで仮想通貨購入できるサービス発表、米内国歳入庁が仮想通貨納税者へのガイダンス更新などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨の投資分析プラットフォームをローンチ、WyreがApple PayとGoogle Payを利用して仮想通貨を購入できる新サービスを発表、アメリカ内国歳入庁が仮想通貨に関する納税者へのガイダンスを5年ぶりに更新、Kikがサービス継続へ

「天才小説家と天才エンジニアの化学反応」芥川賞作家・上田岳弘氏×ブロックチェーンエンジニア・落合渉悟氏 <2万字特別対談>(1)

仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンを題材にした『ニムロッド』で第160回芥川賞受賞し、最新作『キュー』ではテクノロジーの発展の先にある分散化あるいは究極の中央集権化を見事に描いた小説家 上田岳弘 氏。そしてイーサリアムの高速化技術である「Plasma」の開発者として世界から注目を集めるエンジニアであり株式会社Cryptoeconomics Lab のCo-founder/Chief Economistである落合渉悟氏。小説家とエンジニアという全く違った境遇の二人が表現やテクノロジーの未来に激しく共鳴し合う、特別対談第1回(全3回)。

Libra協会に21団体が正式加盟、ホンダBMWらブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereum発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Libra協会に21の企業と組織が正式に加盟、ホンダやBMW自動車大手5社が、電気自動車によるブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereumを発表、バイエルンミュンヘンがストライキングとライセンス契約を発表

Devcon5大阪閉幕、イーサリアム財団宮口あや氏が4日間を振り返る、TBSがブロックチェーンでの再生エネルギーを利用などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Devcon5大阪が閉幕 、TBSホールディングスがブロックチェーンを活用した再生エネルギーを利用、CFTC委員長がETHは金融商品だと発言、AlipayとWeChatPayがBinanceのOTC取引との連携を否定、Maker財団がDAIの新仕様「MCD」を11月18日より提供開始

マークザッカーバーグ氏が米下院公聴会に参加へ、Binanceが人民元建てOTC取引を開始、LayerXが「Ethereum Foundation Grants Program」に採択などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マークザッカーバーグ氏が10月23日に米下院の公聴会に参加することが明らかに、Binanceが人民元建てOTC取引を開始、Wechat、Alipayと連携、LayerXによるCBC Casperの研究が評価され「Ethereum Foundation Grants Program」に採択、JCBと富士通がデジタルアイデンティティー領域における共同研究を開始

クリプトエコノミクスとは何か?(Cryptoeconomics Lab 落合渉悟氏に突撃取材!)

「あたらしい経済」編集部の突撃ラジオインタビュー、今回は株式会社Cryptoeconomics Lab の Chief Economist 落合渉悟氏に突撃取材をしました。 株式会社Cryptoeconomics Lab(クリプトエコノミクス・ラボ) はブロックチェーンの技術開発を行っている会社です。既存のパブリックブロックチェーンは問題(処理スピードが遅く、大量データの同時処理ができない等)を抱えており、同社は「Plasma(プラズマ)※」という技術を使って問題を解決することで、将来パブリックブロックチェーンが社会インフラとして活用されるよう取り組んでいます。 ※Plasma:ブロックチェーンの既存の問題を解決するため提案された技術(高速かつスケーラブルなトランザクションの実行を実現する技術。実用化に向けてブロックチェーン技術者が開発に取り組んでいる)