世界初の事例となるか、カナダでイーサリアムETF(上場投資信託)の目論見書が提出

カナダにてイーサリアムETFの目論見書が提出

カナダ資産運用企業のCI Global Asset Management(CI GAM)が暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのETF(上場投資信託)の目論見書を規制当局に提出したことを2月25日発表した。

リリースによると今回目論見書を提出した「CI Galaxy Ethereum ETF(ETHX)」が承認されれば、世界で初のイーサリアムによるETFとなるとのことだ。なお取引についてはトロント証券取引所(TSX)で行われる予定。

CI GAMの親会社であるCIFinancialではビットコインETF「CI Galaxy Bitcoin ETF(BTCX)」の申請も行っており、今月18日に発行が承認されている。またCIFinancialは昨年12月よりビットコインファンド「CI Galaxy Bitcoin Fund(BTCG)」をTSXにて提供を行っている。

「CI Galaxy Ethereum ETF」は「CI Galaxy Bitcoin ETF」と同じく米暗号資産投資企業Galaxy Digitalがサブアドバイザーを務め、ETFの裏付け資産となるイーサリアム(ETH)の取引の代行を行うのこと。また「CI Galaxy Ethereum ETF」は、米ブルームバーグのインデックスサービスが提供する価格インデックス「Bloomberg Galaxy Ethereum Index」を採用するとのことだ。

編集部のコメント

カナダでは2月11日にパーパス・インベストメンツ(Purpose Investments Inc)の「Purpose Bitcoin ETF 」が初めてカナダの規制当局であるオンタリオ州証券委員会(OSC)に承認され、続けて2月16日にイボルブファンズグループ(Evolve Funds Group)による「Evolve Bitcoin ETF(EBIT)」が承認され現在共にトロント証券取引所(TSX)で取引されています。

また19日には、ビットコインファンド「CI Galaxy Bitcoin Fund」をTSXで提供するCI FinanciaがビットコインETF「CI Galaxy Bitcoin ETF」の発行申請を行っている

関連ニュース

カナダ初のビットコインETFが取引開始から2日で運用資産が4億2,100万ドルに到達 

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(imaes:iStocks/-Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored