DeCurret(ディーカレット)が国内初のビットコイン・マイニングマシンの販売・運用サービス開始

ディーカレットが国内初のビットコイン・マイニングマシンの販売・運用サービス開始

国内にて暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社ディーカレットが、ビットコイン・マイニングマシンの小口販売および運用サービスの提供開始を2月25日発表した。このサービスの提供開始は国内の暗号資産交換業者として初の事例となる。

なおディーカレットは今回のサービス提供において海外の大規模マイニングファーム(ロシア)と提携をしたとのことだ。

このサービスを利用するユーザーは、マイニングマシンを購入すると自身でマシンの設置やメンテナンスをする必要なく、毎月マイニング報酬(ビットコイン)を受け取ることが可能となる。またユーザーが受け取ったマイニング報酬はディーカレットのコールドウォレットで安全に保管されるとのこと。

リリースによると、販売されるマイニングマシンはBitmain社製「Antminer S19 95TH/s」で販売価格は907,500円(税込)となっている。なお申込人数または申込台数が多い場合は先着順かつ1口座あたり最大5台の販売となり、販売価格にはマイニングマシンの代金の他、メーカからの輸送・設置費用、通関業務手数料、関税、輸送保障にかかる一切の費用が含まれるとのことだ。また契約期間については契約開始日より2年間となっている。

販売の募集期間は3月15日12:00~3月25日23:55で、マイニングマシンの設置予定は5月末、稼働開始は6月の予定となっている。

なお注意事項として、マイニング報酬は通常マイニングマシンが稼働した月の翌月に入金されるが、BTC価格の下落や電気代等諸経費の高騰、運用管理費の支払い等により差引後の金額がゼロBTCとなり報酬を受け取れない、または支払う金額のほうが大きく(逆ザヤ)なる場合があり、その際には差額を支払う必要があると記載がある。

詳細はこちら

(imaes:iStocks/LongQuattro・Samuil_Levich)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した