カナダ規制当局がビットコインETFの発行を承認

カナダ規制当局がビットコインETFの発行を承認

カナダの資産運用会社パーパス・インベストメンツがビットコインの上場投資信託(ETF)の発行をオンタリオ州証券委員会によって承認されたことを2月11日に明らかにした。パーパス・インベストメンツのビットコイン上場投資信託の名称は「Purpose Bitcoin ETF 」だ。

目論見書によると、このビットコインETFは「ビットコインの長期保有を目的にビットコインへ投資を行い、実質的に全資産を保有するオルタナティブ投資信託である」と説明されている。

カナダのシデル・トラスト(Cidel Trust Company)がファンドのカストディアンに指定されており、サブカストディアンはウィンクルボス兄弟が経営するジェミナイ(Gemini)が務める。

また、このファンドの監査人はEYが担当するとのことだ。

ファンドの内部統制に関して「コールド・ストレージから資金を送金するには複数の署名者が必要であること、サブ・カストディアンの最高経営責任者および社長が個別または共同でコールド・ストレージから資金を送金することはできないこと、すべての秘密鍵は安全な施設にオフサイトで保管されていること。

すべての従業員は犯罪歴と信用情報のバックグラウンドチェックを受けており、雇用期間中は継続的なバックグラウンドチェックを受けています」と説明している。

その他にカナダの規制当局へ提案されているビットコインETFも承認に向けて動き出しているとのことだ。

(images:iStocks/LongQuattro・Rawpixel)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored