ファッション業界向けブロックチェーン企業リトレイスド(Retraced)がシードラウンドで100万ユーロ(約1億円)の資金調達

リトレイスドがシードラウンドで100万ユーロの資金調達

ファッション業界向けにブロックチェーントレーサビリティプラットフォームの開発を行っているドイツのリトレイスド(Retraced)が、ヨーロッパのVC企業サマイパタ(Samaipata)からシードラウンドにて100万ユーロ(約1億円)の資金調達をしたことを2月2日発表した。

リトレイスドはファッション業界におけるサプライチェーンの透明化を行い、原材料・労働条件・環境への影響に関する情報を収集し、顧客に対しこの情報を共有するプラットフォームだ。なおブロックチェーンにはオラクル社のOracle BlockchainPlatformが利用されている。

サマイパタの創業パートナーであるホセ・デル・バリオ(José del Barrio)氏は今回の投資について「コンプライアンス管理に対する規制上の圧力が高まっていることや、新たな消費者からの要求の高まりに対応せずに評判が悪化することを考えると、最終消費者に向けて企業が透明性を示す時代に突入していると確信しています」とコメントをしている。

編集部のコメント

ファッション業界向けに進んでいるブロックチェーントレーサビリティプラットフォームとして「AURA(オーラ)」があります。「AURA」は消費者が、LVMH傘下のルイヴィトン、クリスチャンディオールなどの高級ブランドの製品の履歴情報や真贋証明の検証を可能にするために開発されたプラットフォームです。

なお同じような高級品へのブロックチェーントレーサビリティプラットフォームとして、2020年4月に発表された「Vargo(ヴァルゴ)」があります。「Vargo」は監査法人PwC、RFIDソリューションプロバイダーTemera(テメラ)、ブロックチェーン企業のLuxochain(ラクソチェーン)、イタリアのITサービス企業Var Group(ヴァーグループ)が共同で開発をしています。

(images:iStocks/angelha)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored