オーストリアの切手・マーキング装置企業コラップ(COLOP)がブロックチェーンでの電子・紙書類の認証ソリューション「e-mark Secure」開発

オーストリアの切手・マーキング装置企業コラップがブロックチェーンでの電子・紙書類の認証ソリューション「e-mark Secure」開発

オーストリアの切手・マーキング装置メーカーコロップ(COLOP)が、ブロックチェーン上で電子文書や紙文書を検証・認証するソリューション「e-mark Secure」を開発したと2月1日にLedgerinsightsが報じた

コロップのコーポレートサイトによるとコロップは世界130の市場で事業を展開しており、輸出率は98%、そして世界中で550人以上の従業員を雇用しているようだ。

「e-mark Secure」では、デジタルスタンプによる文書の認証と第三者への文書などの真正性の担保することができるとのこと。文書の真正性を確認するには、モバイル端末と標準的なQRコードリーダーアプリでQRコードをスキャンし、コロップ認証アプリをインストールする必要がある。アプリ内では、いつどこで「e-mark」が作成されたか、認証者の連絡先、原稿のスキャンコピーなどの情報を確認することができるようだ。

あたらしい経済編集部は実際に、コロップが提供する認証アプリ「ColopSecure」をダウンロードして、プレスリリースのQRコードをスキャンしてみた。確かにそのQRコードをスキャンすることで、誰がいつ作成したのかなどの情報を確かめることができた。

QRコード
QRコード

 

QRコードスキャン後の情報

文書に関する情報や認証された文書に関する情報は、QRコード内で暗号化されたデータとなり、レコードの受信者のみがアクセスできるようになるとのこと。

認証されたすべての文書の暗号化されたデータは、ブロックチェーン上のトランザクションとなり、勝手に削除したり編集したりすることはできず、詐欺や偽造の機会を制限することができるようになる。

(images:iStocks/Maksym-Rudoi・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored