ナスダック上場企業マラソン・パテント・グループが約156億円相当のビットコインを購入

ナスダック上場企業マラソン・パテント・グループが約156億円相当のビットコインを取得

ナスダック上場企業マラソン・パテント・グループ(Marathon Patent Group)が1月25日に約156億円(約1億5000万ドル)で4813BTCを購入したとThe Blockが1月25日に報じた。マラソン・パテント・グループのビットコイン購入プロセスは、米デジタル資産投資・金融サービス企業「New York Digital Investment Group(NYDIG)」が支援をしたようだ。ちなみに投資の意思決定から投資実行まで、わずか数時間で完了したとのこと。

マラソン・パテント・グループはナスダックでも比較的規模が小さい企業の株式が取引されているナスダック・スモールキャップ・マーケット(NASDAQ Small Cap)に上場している企業。設立は2010年2月。マラソン・パテント・グループは米国の特許権関連サービスプロバイダーとして、個人発明家や企業らの特許および特許権の取得に関する事業を営んでいる。

The Blockによればマラソン・パテント・グループは2017年からビットコインマイニングを行っていたが、市場のビットコインを購入したのは初めてとのこと。

マラソン・パテント・グループのCEOを務めるメリック・オカモト(Merrick Okamoto)氏は「手元資金を活用して今すぐビットコインに投資することで、純粋な投資の可能性を現実のものに変えました。また、マイクロストラテジーのような他の先進的な企業と同様に、自己資金の一部をビットコインで保有することは、米ドルを保有するよりも長期的な戦略になると考えています」とThe Blockに答えている。

またメリック・オカモト氏は「私たちは2017年後半からビットコインのマイニングを行っています。 現在は2,560のビットコインマイナーを抱えており、現在は1日あたり1.5~2ビットコイン程度を生産しています。そしてほとんどのビットコインマイニング業者は、運営にホスティングモデルを使用しています。このホスティングの典型的なコストは、1kWh(キロワットアワー)あたり0.05ドルから0.06ドルの範囲です。一方、電力供給事業会社のベオウルフとの提携により、マラソン・パテント・グループはコストを1kWhあたり0.028ドルまで下げることができます。また各ビットコインをマイニングするためのコストを7,700ドル以上から約4,400ドルまで下げることができます」とThe Blockに語っている。

編集部のコメント

The Blockによれば、マラソン・パテント・グループは事業拡大のため、マイニング企業ビットメイン(Bitmain)に約283億円(2億7,000万ドル)で先進的なマイニングプロダクト「S19マイナー」を10万5,000台発注しているようです。メリック・オカモト氏は「完全にマイニングプロダクトが配備され、インストールされた場合、総ハッシュレートは10.34エクサハッシュ(現在の約256ペタハッシュ)を超えることになり、マラソンは世界最大のビットコインマイニング業者になると考えています。またアップグレードされたハッシュレートは、マラソンが1日あたり55~60ビットコイン程度を生産するのに役立つと」とThe Blockに伝えています。

ちなみに1ペタハッシュは1秒間のハッシュ計算が1,000兆回できることを表していて、1エクサハッシュは、1秒間に100京回のハッシュ計算が計算できる能力を表しています。つまり1エクサハッシュと1ペタハッシュの1,000倍ということになります。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStocks/pgraphis・Adelos)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。