米マイクロストラテジー(MicroStrategy)が1,000万ドル相当のビットコインを追加購入

米マイクロストラテジーが1,000万ドル相当のビットコインを追加購入

米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が1,000万ドル(約10億円)相当の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを追加購入したことを1月22日発表した。

マイクロストラテジーの発表によると今回購入したビットコインは約314BTCで、購入平均価格は31,808ドルとのことだ。

これによりマイクロストラテジーが保有するビットコインは計70,784 BTC(約2,400億円:記事執筆時)となり、その平均取得額は手数料を含めて1BTCあたり約16,035ドルになるとのこと。

マイクロストラテジーは昨年8月から9月にかけて4億2,500万ドル(約440億円)をビットコインに投資し、昨年12月5日に5,000万ドル(約52億円)、続けて12月21日には約29,646BTCを約6億5000万ドル(約671億円)で追加購入したことを発表していた。

編集部のコメント

マイクロストラテジーのCFOであるフォン・レ(Phong Le)氏は以前のビットコイン購入の際に「当社は、現金を保有するよりもビットコインの方がより良いリターンの機会を提供し、長期的に資本の価値を維持できると引き続き考えています」と述べています。

このコメントからもマイクロストラテジーは今後も継続してビットコインの購入を行っていくと考えられます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStocks/Pict-Rider・keko-ka)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定