IBMとタイ再保険会社がブロックチェーンを活用した「インシュアネットワーク(Insurer Network)」提供開始

IBMとタイ再保険会社がブロックチェーンを活用した「インシュアネットワーク(Insurer Network)」提供開始

IBMとタイ再保険会社(Thai Reinsurance Public Company Limited:Thai Re)がブロックチェーン技術を利用したスマートコントラクトソリューション「インシュアネットワーク(Insurer Network)」を提供開始したことを1月6日発表した。

この「インシュアネットワーク」はIBM Cloud上にてIBMのブロックチェーン技術を利用し開発されたとのこと。

再保険とは保険会社が加入する保険のことで、保険契約のリスクを分散するために国内・国外の再保険引受会社と結ぶ保険契約のことだ。

この再保険の契約時には、ペーパーワークなどの手作業が必要で、保険契約の変更があるたびに再保険のブローカーや保険会社など、それぞれのシステムを調整し再保険契約のデータの突合をしなければならないという。ブロックチェーン技術を利用した「インシュアネットワーク」によって再保険関係者は、データの共有が容易になり手作業を大幅に減らせるとのこと。

また保険業界は新型コロナウィルス感染症による事業の制限により、保険会社の効率性向上やビジネスを行うにあたっての障壁を取り除く必要性が高まっているとのこと。タイ再保険は「インシュアネットワーク」を利用することで年間1万件以上の再保険契約を保険会社との間で処理することができ、保険会社がビジネスを成長させるのを容易にするとのことだ。

(images:iStock/bagotaj)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない