暗号資産(仮想通貨)市場の時価総額が1兆ドル(約103兆円)を突破

暗号資産(仮想通貨)市場の時価総額が1兆ドル(約103兆円)を突破

世界の全ての暗号資産(仮想通貨)の時価総額合計が約103兆円(1兆ドル)を超えたことがCoinGeckoのデータにより明らかになった。1兆ドルの大台を突破したのは今回が初のことだ。

ちなみに前回、時価総額が1兆ドルに近づいたのは2018年1月に8000億ドル近くに達した時だ。

CoinGeckoのデータによると、ビットコイン(Bitcoin)が約67兆円(676Bドル)の時価総額で市場をリードしていて、2番手のイーサリアム(Ethereum)が約14兆円(1360億ドル)の時価総額となっている。3番手から5番手はテザー(Tether)、リップル(XRP)、ライトコイン(Litecoin)となっている。

(images:iStock/dalebor・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。