米財務省FinCENが暗号資産ウォレットを銀行秘密保護法の適用範囲にする意向

米財務省FinCENが暗号資産ウォレットを銀行秘密保護法の適用範囲にする意向

米財務省のFinCEN(金融犯罪捜査網)が管理者が存在していない(非ホスト)型の暗号資産(仮想通貨)ウォレットの取締を強化するための規制案を12月18日に発表した。

FinCENが提案する規制案は2021年1月4日までパブリックコメントを募集していて、兌換可能な暗号資産と法定通貨のデジタル資産を金融商品に分類し、銀行秘密保護法(Bank Secrecy Act/BSA)の要件の対象とすることを提案している。

FinCENによれば「銀行秘密保護法(Bank Secrecy Act/BSA)のSEC(米国証券取引委員会)及びIRS(米国内国歳入庁)への報告義務と記録義務の対象拡大は、暗号資産が関与する不正な金融を阻止するためのもの」とのことだ。銀行秘密保護法とは米国で1970年に制定された連邦法。法律の内容としては、米国の金融機関はある一部の顧客を除く顧客情報については、原則として秘密として扱うことが認められているものとなっている。

今回の規制案では約31万円(3,000ドル)を超える引き出しに対して、ウォレットのサービスプロバイダーは顧客身元確認(KYC)の強化が必要となる。またウォレットサービスプロバイダーは約103万円(1万ドル)を超える取引の場合にはSECやIRSへ報告しなければならなくなるという内容だ。

またFinCENは「米国当局は、国際的なテロ資金調達、武器拡散、制裁回避、国境を越えたマネーロンダリングを促進するために、悪質な行為者が暗号資産と暗号資産の決済(Crypto Versus Crypto/CVC)を使用するケースが増えていることがわかってきています。それは特に匿名性を強化した暗号資産、またはモネロのようなプライバシーコインは違法行為との十分な文書化された接続を持っています」と伝えている。

FinCENの規制案に対して、スティーブン・ムニューシン財務長官と先週会った議員からも反対の声が出ている。その議員は、ワイオミング州の上院議員でビットコイン保有を公言しているシンシア・ルムミス氏だ。彼女は「私は財務省が自己ホスト型デジタル資産ウォレットと銀行秘密保護法(BSA)を管理するための早急なルールを検討していることを深く憂慮しています。この複雑なテーマに関する規則を早々に採択するのではなく、財務省は米国を前進させるためのコンセンサスを構築し、議会や産業界と関与するための透明性の高いプロセスを直ちに開始すべきです。アメリカは金融の将来を巡って、中国やロシアとの競争力を競い合っています。デジタル資産や金融技術の変革効果を実感し始めている今、幅広いコンセンサスがなければ、一歩後退したルールになってしまいます」とツイートしている。

(images:iStock/bakhtiar_zein・vitacopS・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道