中国アント・グループ(Ant Group)がブロックチェーン基盤のデジタル著作権サービスを発表

中国アント・グループ(Ant Group)がブロックチェーン基盤のデジタル著作権サービスを発表

中国アリペイ(Alipay)などの親会社であるアント・グループ(Ant Group)がブロックチェーンプラットフォーム「アント・チェーン(AntChain)」を利用したデジタル著作権サービスプラットフォームを10月22日に発表した。

このデジタル著作権サービスプラットフォームは何百万人ものクリエイターがより効率的かつ低コストで著作権を検証し保護することを支援するために開発された。

このデジタル著作権サービスプラットフォームはブロックチェーンとAI技術を活用することで、コンテンツ制作者が音楽の楽譜からビデオ、画像、記事や小説に至るまで、さまざまなオリジナル作品を迅速に認証・検証できるようにするとのこと。

クリエイターが作品をこのプラットフォームにアップロードすると、プラットフォームはまずそのコンテンツがデータベース内に存在する唯一のものであるかどうかを確認するという。その後作品に関する基本情報と公証人のスタンプを含む独自のデジタル著作権証明書が生成されるとのこと。またこれらの改ざん防止証明書は著作権侵害や不法行為事件の証拠として提出できるとのことだ。

さらにこのデジタル著作権サービスプラットフォームはクリエイターが著作権侵害の可能性を効果的に監視してフラグを立てることができる識別・検索サービスを提供しており、知的財産所有者がオリジナルコンテンツを検証して保護することを容易にし、コストを削減できるとのこと。

アント・グループの先端技術ビジネスグループのプレジデントを務めるグーフェイ・ジャン(Guofei Jiang:姜国飛)氏は「アント・チェーンは複数の関係者間の信頼関係を構築し、著作権業界の現実の問題を解決する上で、極めて重要な役割を果たすことができると信じています。アント・チェーンを搭載したデジタル著作権サービスのプラットフォームは、クリエイターが作品を認証・保護しようとする際に一般的に遭遇する問題点を解決するために特別に設計されました」とコメントしている。

編集部のコメント

中国を代表するデジタル楽譜著作権流通ネットワークである上海中興音楽文化有限公司は、デジタル著作権サービスプラットフォームの試用期間中、最初のパートナーの一社となっているとリリースに記載されています。

これにより実際に上海中共音楽文化のネットワークに参加している音楽家は、自分のオリジナル作品をプラットフォームにアップロードする際に、デジタル著作権の証明書を確保できるようになっています。

またアント・チェーンは音楽家と販売業者の収益を記録できるスマートコントラクトを作成していて、作品の販売に成功するとスマートコントラクトが起動し、収益は自動的に音楽家と上海中信音楽文化に分配されるようになっているようです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/(StudioM1・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと